Typographic Systems―美しい文字レイアウト、8つのシステム

著者 :
制作 : 今井 ゆう子 
  • ビー・エヌ・エヌ新社
3.80
  • (9)
  • (21)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :176
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861005145

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイポグラフィの深遠な世界をさらっと覗かせてくれる本。

  • 「Balance in Design 美しくみせるデザインの原則」で有名な著者による、タイポグラフィに特化したレイアウトの見せ方に関する書籍です。前作同様に有名なグラフィック作品を図解化し、システマチックにレイアウトの構造を解説しています。一般的なデザイナーの多くは写真要素があることに慣れきっているので、文字のみでカッコ良くレイアウトすることに長けていません。それにデザインリテラシーの低い日本のクライアントの視座の中では文字のみでデザインする案件などはあまりないかも知れませんが、メタ視点でデザインを考える上でタイポグラフィというものの存在は重要なものです。個人的にイラストや写真その他の要素よりも文字に関する意識が高いので、カリグラフィなども含めてもっと勉強に時間を費やしたいと思います。

  • 以前にも別のブログで紹介した事がありますが、タイポグラフィのパターンを8つのシステムに分類し、豊富な事例で解説している本です。
    単語の固まりを自由に構成している反面、文字詰めや本文組の話はあまり出てこないので、ポスターやCDジャケット向けだと思います。
    トレーシングペーパーを活用して分かりやすく作品解説をしてくれています。文字デザインに興味がある方は必読!

  • Typographic Systems―美しい文字レイアウト、8つのシステム

    【感想】
    タイポグラフィについて書かれた本。中〜上級者向け。
    情報の伝達、階層、読む順序、読みやすさなどの様々な視点から書いている。

    タイポグラフィには8つの構成システムがあり、それらには独自の規則群がある。

    ・中軸システム
    ・放射システム
    ・拡張システム
    ・ランダムシステム
    ・グリッドシステム
    ・転調システム
    ・モジュールシステム
    ・左右対象システム

    これら独自の規則群を作品を交えながら、紹介している。

    デザイン初心者に取っては、全く親近感の湧かないものとなったが、確かに読み返すうちにタイポグラフィが理解と認知に与える影響が大きい事を気付かせてくれる1冊だった。

    これは、経験を積み、もう少し上のレベルにいった段階で読み返すと、更に新たな示唆を与えてくれる1冊になるだろう。

  • タイポグラフィのパターンの説明と比較しやすい作例群。
    ざっと読んでるとざっと忘れそうだな!
    自分でアウトプットしながら読むと
    作例とかだいぶ面白く思えそうなのだけど。

全7件中 1 - 7件を表示

Kimberly Elamの作品

Typographic Systems―美しい文字レイアウト、8つのシステムに関連するまとめ

Typographic Systems―美しい文字レイアウト、8つのシステムはこんな本です

Typographic Systems―美しい文字レイアウト、8つのシステムを本棚に登録しているひと

ツイートする