ほんとに使える「ユーザビリティ」 -より良いデザインへのシンプルなアプローチ

制作 : 浅野 紀予 
  • ビー・エヌ・エヌ新社
3.39
  • (3)
  • (7)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 178
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861008894

作品紹介・あらすじ

UXデザインの第一人者エリック・ライスが、豊富な事例をもとにユーザビリティの問題を洗い出し、解決するための手法をまとめた実践的ガイドブック!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • よくない実例が挙げられている。第7章で中断。

  • 星6だわ
    理論的だし感覚的にも納得できるし具体例山盛りだし当たり前のようだけど確かになー!ってなって面白いし、超オススメ、オススメってか必読書、リアルに。もう全員これ読んでくれ、これみんなが読んで、実践したら素晴らしい世界になるよ、まじで

    ペルソナ考案者「誰かがこれを欲しがるかも、という声が聞こえたら、まさに最悪のデザイン判断が下される寸前だ」

    クリック可能なエリアは、リンクテキストより一回り大きくすること

    ポインターがリンクの上にホバーした状態ですぐメニューを開くのではなく、0.5秒待ってから開くこと
    すぐ開くと、ちょっと通り過ぎただけでも反応してうざいので

    メニューからポインターが外れたら0.5秒待ってからメニューをたたむこと

    なんか、「使いにくいなあ」と思うことがたくさんあったけれど、それを人のせいやシステムのせいにせずに、正しい使い方に気付けなかった自分が悪いと思ってしまってた部分もあって、それを、システムののせいにしていいんだって、安心した

  • あるあると思う概念に付いている名前が興味深い。Webページ最上部の広告は自動的に無視してしまう反応を"banner blindness"と呼んだり、ファーストフード店舗の合理化モデルを"McDonaldization"と呼んだり。

  • 内容はいいんどけど、各章がちょっと読みにくい。

    なので、下記のように読めば十分頭に入ると思う。
    1. イントロでユーザビリティの定義を読む
    2. 10項目それぞれがどういうものか
    3. 写真つきの例を見る

  • 人が使いやすい、心地良いと感じるデザインをするための観点を具体例をあげて説明。

    ユーザビリティというとコンピュータ関係のUIの使いやすさと思いがち、実際この本の事例もやたらとwebのインターフェースが多いのだが、道具や建物、サービスなど、およそ人が使うものすべてに当てはまる。もちろん作者もそう意識して書いている。

    内容自体はそれほど目新しくなく、ユーザビリティに関する他の本の主張と変わらない。ドナルド・ノーマン「誰のためのデザイン?」から、あまり進歩していない。むしろノーマンの本が名著すぎるのかも。
    良かった点は、ユーザビリティを「使いやすさ」と「優美さと明快さ」という2つに分類している点。実際には重複する部分もあり厳密な分類ではないが、当たり前品質と魅力的品質のような感覚で、そういう両面から考えるのも実際上は効果的だと思う。

    また、各章末には読むべき本がリストアップされていて、未邦訳のものも多いがとても参考になる。もちろんノーマンも紹介されている。

  • ユーザビリティとは、利用者が想像する半歩先を行く環境を提供する事、と言えるのかもしれない。
    その良い例・悪い例をウエブサイトでの出来事を中心に、著者によるジョーク満載の実体験を通して見つめ直す事ができる。

  • ユーザビリティって、どれくらい考えて作るのか難しいところがあるけど、この本で勉強することでユーザに逃げられにくいものができるに違いない。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784861008894

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームス W....
川西 裕幸
マーク・スティッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ほんとに使える「ユーザビリティ」 -より良いデザインへのシンプルなアプローチを本棚に登録しているひと

ツイートする