slide:ology[スライドロジ―]―プレゼンテーション、ビジュアルの革新

制作 : 熊谷小百合 
  • ビー・エヌ・エヌ新社
3.54
  • (5)
  • (7)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 150
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861009440

作品紹介・あらすじ

本書は、従来のスライド作成へのアプローチに異議を唱え、"コンセプト思考"と"印象的なデザイン"の融合を図り、ビジュアルストーリー作成のための手軽で実践的なアドバイスを提供します。これからの時代にこそ必要なビジネススキルである「ビジュアル思考」を身につけ、心を響かせ、人を動かすプレゼンテーションを実現しましょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 普段の資料作りの時にも意識したい点がたくさんあった。

    ビジュアルでアピールするのに、一般的には2分に1枚のスライドがちょうどいいという話は矛盾している気がした。いわゆるLTのスピード感が焼き付いてるからかもしれないけど。私はスピーディに切り替わる方が、聴き手も飽きなくていいかなーと思うので。

  • 実用に向いたスライド作成に関する書籍を探してたら、これが会社にあったので読んでみた。
    発表するまでの「準備」、つまりスライド作りにフォーカスを当てた内容になっていて、アイデアの整理や要素の配置バランス、色やタイポグラフィなど、これ一冊あればスライド作りはOKという感じ。
    当然ながらボリュームが結構ある。見開き1つに対して1つのトピックになっていて、読んで覚えるというよりは実践しながら身につけていくのが良さそう。

    ちなみにダイアグラムに関しては、「説得できる図解表現200の鉄則」みたいな論理的な説得力のあるパターン集を読むのが良いと思った。

  • 本書のターゲットはプレゼンテーション用のスライドであるが、日本での紙ベースのパワーポイント資料の作成についても非常に参考になる本。
    伝えるという意味に始まり、スライドの構成から最適な表現方法、色使いなどこれまで経験則で学んできたスライドの作成技法を包括的に振り返ることができた。
    読んで終わりではなくオフィスに置いておき資料作成の際に参考にしていきたい。

  • ガーの著作と大部分が重複してるかな。
    どちらかというとプレゼンテーションzen・zenデザインの2冊をオススメします。

  • 購入

  • プレゼンテーションZENの次の一冊に。
    これ読むと、プレゼン資料は話しての補足なのか資料なのかははっきりとしないとだな。

  • スライデュメント、テロップ、ビュジュアルエイドの違い。
    プレゼンとは「何かを発表する場」ではない。
    聞き手にどんなメリットがあるのかを伝え、行動へと駆り立てる。
    難しいのは、アイデアを思いつくことではなく、アイデアに関心を持ってもらうこと。

  • コンセプトやデザインの観点からどのようにプレゼンのストーリーを構築するのか語られている。
    リファレンスとしても使いやすい構成なので、プレゼンを作るときには参照しながら作りたい。

  • たいていの人間は、逆境には耐えることができる。
    その人の人格を試したいのなら、権力=パワーポイントを与えてみればいい。

    ペチャクチャ参考になる(http://www.pechakucha.org/)

  • "Resonate"邦題「ザ・プレゼンテーション」とあわせて読むと良い。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

『ザ・プレゼンテーション』『スライドロジー』著者
アカデミー賞に輝いたアル・ゴア「不都合な真実」のプレゼン制作をはじめ、アドビやgoogleなど世界一流企業のパートナー
ナンシー・デュアルテ最新作!

「2016年 『(仮)イルミネート:道を照らせ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

slide:ology[スライドロジ―]―プレゼンテーション、ビジュアルの革新のその他の作品

slide:ology[スライドロジー] Kindle版 slide:ology[スライドロジー] ナンシー・デュアルテ

ナンシー・デュアルテの作品

slide:ology[スライドロジ―]―プレゼンテーション、ビジュアルの革新を本棚に登録しているひと

ツイートする