くろずみ小太郎旅日記〈その5〉吸血たがめ婆の恐怖の巻

著者 :
  • クレヨンハウス
3.70
  • (3)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784861010378

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ふと見たテレビなんかからヒントを得て書いているんですね。
    作者の飯野和好さんの視点が書かれているあとがきもまたおもしろいです。
    飯野さん、ツボです。

  • 絵のタッチが大胆で、お話しは躍動感があって、ひとりで読むより、親が俳優気分でおもしろおかしく読み聞かせてあげるほうが、楽しいかもしれません。
    ぜひ、お父さんもまきこんで・・・シリーズものなので、他の旅日記も読んでみたいと言ってました。

  • ☆絵本というと、なんでもかんでも「ひらがな」が多いのに対し、この絵本は漢字でしっかり書かれていて、小さい子でも読めるように『ルビ』がうってある。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1947年埼玉県秩父生まれ。絵本に「くろずみ小太郎旅日記」シリーズ(クレヨンハウス)、『おせんとおこま』(ブロンズ新社)、『みずくみに』(小峰書店/第20回日本絵本賞受賞)、『ふようどのふよこちゃん』(理論社)、「ねぎぼうずのあさたろう」シリーズ(福音館書店/その1で、第49回小学館児童出版文化賞受賞)、挿絵に「小さなスズナ姫」シリーズ(偕成社/第11回赤い鳥さし絵賞受賞)などがある。絵本の読み語り講演で、股旅姿で全国を渡り歩いている。

「2017年 『はやくちことばで おでんもおんせん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯野和好の作品

ツイートする