うん このあかちゃん―おとうちゃんの出産絵日記

  • クレヨンハウス
3.77
  • (7)
  • (6)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (84ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861010675

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先日、長女に絵本「おへそのあな」を読んであげたのがきっかけで、同じ作者のほかの本もいくつか読んでいます。

    その中で、思いがけず感動して何度も泣いてしまったのが、この本です。

    これは子ども向けの絵本というよりも、大人に読んでもらいたい本です。

    3人の息子さんがいる長谷川さんが、1人目のお子さんの出産に立ち会った時、ビデオ撮影に失敗して奥さんに怒られ、ビデオの代わりに絵日記を描いたのがはじまりだったそうです。
    (タイトルは、2人目のお子さんを出産する時に、立ち会っていた上のお子さんも一緒に力んでしまって、出ちゃった・・・というエピソードからきているようです。)

    3人のお子さんのそれぞれの出産当日の様子が、絵日記で綴られているのですが、私がジーンときたのは、絵日記のあとの助産師さんとの対談のページ。
    絵日記を見た助産師さんが、絶妙な指摘をしていたり、助産師さんと長谷川さんの言葉に新しい発見や気づき、自分自身の出産体験を思い出してしまったりして・・・もうダメでした。

    一番強く印象に残ったのが、長谷川さんのこの言葉。
    「男はね、どんなにお産に協力しても(略)やっぱ、女のひとのようにマラソン走りぬくひとにはなれへんねん。けど、たったひとつだけ、女のひとよりわが子に接近できんのが、この、あかちゃんがおなかのなかから出てくる姿を、最初に自分の目で見届けてやれることやと思うねん。
    このときだけは、旗なんかふっとる場合とちゃうもんなぁ。ぼくがしっかり見てあげないと。」
    助産師さんも、
    「“おまえがこの世に着地した瞬間をおとうちゃんがしっかり見届けたで”っていうのんは、長谷川家における父と子の絆の元の結び目なのかもしれんね」
    と言っています。

    あの温かなまなざしの絵本「おへそのあな」が生まれたのも、納得です。

  • 長谷川さんの三人の子どもの出産立会い絵日記。男性側から出産を語られるという不思議な感覚と違和感と畏敬の念。

  • 息子3人の出産に立ち合ったお父さんの絵日記。
    家族を覗き見ているかのよう。
    ただ、読みづらい。

  • また出産したくなるー!

  • 父親になるのは難しいのね!

  • 出産を味わうには本当に良い本だと思いました。

  • お父さんの育児絵日記。
    出産のときのビデオを毎年
    誕生日に見返すというところを真似したいと思いました。

    立会い出産といっても漠然とした
    イメージしかなかった私は、
    これを見て出産時には主人に背中を
    さすってもらうという絵を持つことが出来ました。

    時計の絵がひそかに役に立っている。

  • 長谷川さんの実際に出産話が書いてある。これから出産する人、もう出産した人、そうそう!って共感できるハズ♪

  • おとうちゃんの出産絵日記〜病院での長男の自然出産ではビデオ撮影に失敗して絵日記にする。二男の助産院での際には三脚で成功,但し長男がうんこを漏らしていた。三男は自宅出産〜肝の据わった奥さんだ。それぞれで絵のタッチが異なる

全9件中 1 - 9件を表示

長谷川義史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン・クラッセ...
長谷川 義史
岡田 よしたか
A.トルストイ
かがくい ひろし
酒井 駒子
トミー=アンゲラ...
岡田 よしたか
有効な右矢印 無効な右矢印

うん このあかちゃん―おとうちゃんの出産絵日記はこんな本です

ツイートする