子どもがつくるほんものごはん 生きる力がつく「食育」レシピ

著者 :
  • クレヨンハウス
3.23
  • (1)
  • (1)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (104ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861010828

作品紹介・あらすじ

1歳だって、包丁も使えます。火の扱いだって、こわくはない。「できた!!」の感動と達成感が、子どもをぐ〜んと成長させます。「食育」の決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 他の類似本もそうだが、危ないからとやらせないのではなく、危ないという事を教えた上でさせてみることが大事。
    達成感が、一番の成長剤。

    でもそれより肝心なのは、親の覚悟だなヤッパリ!

  • 台所育児への第一歩は、子ども仕様の調理環境を作ることから。
    お手伝いしたい盛りの子どもを台所へ立たせるための、目からウロコな導入書。
    包丁の使い方、火の扱いなど、かゆいところに手が届きます。

  • 雑誌のようでわかりやすく読みやすい。レシピがもっとたくさんアルトより良かった。

  • 152

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

食育・料理研究家・学術博士(食育)
農林水産技術会議委員、近畿米粉食品普及推進協議会会
長、相愛大学客員教授、神戸女子短期大学非常勤講師、
子ども博物館キッズプラザオーサカ講師、日本伝統食品
研究会理事、キッズキッチンジャパン代表、キッズキッ
チン協会会長。防災教育スペシャリスト。
神戸に生まれ育つ。「台所は人生と社会の縮図」として、40年にわたる食教育の実践、子どもにきちんと料理の仕方を教える台所育児のすすめとともに、調理による教育法としてキッズキッチンを全国展開する。高齢者のための火のない調理システムの普及、食の村おこし、商品開発などを行う。NHK「ひとりでできるもん」の生みの親でもある。二男一女の母。『坂本廣子の台所育児』(農文協)、『坂本廣子のジュニアクッキング』1〜5巻(偕成社)『イラスト版台所のしごと』(合同出版)、『坂本廣子のつくろう!食べよう!行事食 全3巻』(少年写真新聞社)他著書多数。

「2017年 『イラストでわかる 日本の伝統行事・行事食』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂本廣子の作品

ツイートする