落語絵本 十二 ときそば

著者 :
  • クレヨンハウス
3.88
  • (17)
  • (17)
  • (15)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 165
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861010927

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館より。

    8分52秒。高学年向けの読み聞かせ用に。
    時間はいいんだが、やっぱり読み聞かせるとなると難しいね。息継ぎのタイミングや話の流れとか。
    練習あるのみか。

  • ・中古購入


    Box4

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • [墨田区図書館]

    六年生用の読み聞かせ本を探して借りてきたうちの一冊。
    これも面白そうだったんだけれど、数数えの妙技?を全員が理解してくれて、面白いと思ってもらえるかがびみょーな感じがしたので、やめておいた。

    本当は聞き手がピン!とくれば、途中先も読めて、数えている最中もやっぱり!とウケられて面白いと思うんだけどな。

  • H29.2.15 おはなし会 5年2組

  • 古典のお勉強。

  • 27年度(6-3)
    10分

  • 「妻の読み聞かせ本」シリーズ。馴染みの深い話ではあるが、これを読み聞かせるのは難しいと思う。まんまと一文儲けた客の手際の良さと、余計に払うことになった客の手際の悪さの対比を表現しないと面白くない。勘のいい小学生は、お金を数えているところでざわざわっと気が付くらしい。

  • ブックトーク用。使えるかなー。
    焦ってちょっと早目にそばを食うたのが敗因。

  • 2014.5.28 6-4
    2014.6.11 6-1
    2014.6.25 6-3
    2014.9.3 6-2

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1952年、新潟県生まれ。主な作品に『鳥の島』(第5回絵本にっぽん賞受賞)『槍ヶ岳山頂』『うえきばちです』『お化けシリーズ』『野菜忍者シリーズ』(BL出版)『落語絵本シリーズ』(クレヨンハウス)『りんごです』『バナナです』『いちごです』(文化出版局)など多数。絵本の開き読み「絵本ライブ」を全国で行っている。

「2017年 『絵本作家の百聞百間』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川端誠の作品

落語絵本 十二 ときそばに関連するまとめ

ツイートする