あたしおねえちゃんなの

著者 :
制作 : スティーナ ヴィルセン  Stina Wirs´en 
  • クレヨンハウス
3.47
  • (2)
  • (6)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784861011979

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 双子の妹たちに振り回されるお姉ちゃんの3つのお話。
    妹たちは色々とお姉ちゃんを困らせますが、
    頑張って”お姉ちゃん”をして、妹ふたりを可愛がっています。
    その様子がほほえましく、またお父さんお母さんの対応に
    ほっとさせられ、優しいあたたかい余韻が残ります。

  • 下の子の面倒みるのは、大変⁉️

  • とってもかわいい。でも良い子過ぎて心配になる。

  • 4y0m
    677
    あんまり好きじゃない
    一度は読みたいから読むけど

  • 最近妹ができた娘と一緒に読んだ。

    双子の妹がいるお姉ちゃんが赤ちゃんのために一生懸命。
    我慢したりお手伝いしたり。
    パパもママも最後はいつもお姉ちゃんに感謝。

    読んであげている時、娘に「あなたもおんなじお姉ちゃんだね。いつもありがとう」って言ったら、
    誇らしげに照れ笑い。

  • 長女:4歳2ヶ月。

    長女 ★★★★★
    ママ ★★★★☆

    大好きな「やんちゃっ子の絵本」シリーズの作者の本。
    双子のいもうとに振り回されるおねえちゃん。
    長女とだぶる。
    いつも最後はおとうさん、おかあさんがおねえちゃんを
    大事にするところがいい。

  • いろいろ、ある。双子相手、たいへん。

  • 「おねえちゃん」向けのお話です。

    妹は双子の二人。おねえちゃんなんだから!って一人頑張ってますが妹たちは小さいのでおねえちゃんが我慢することになっちゃいます。でも最後はお母さんお父さんが登場しておねえちゃんは「おねえちゃん」から解放されてパパママのこどもに戻れます。

    というパターンのお話が三つ入っています。
    絵本なのに三つも〜
    でも無理がないので苦しくないです。

    姉妹はいない私だけど、彼女の気持ちはよく伝わりました〜

  • 双子の兄妹が生まれておねえちゃんになった子のはなし。

    絵があまり好みじゃないな。

  • あたしおねえちゃんなの。ふたごのいもうとはとてもかわいい。でも、ときどきこまったことになるの。あたしのくまちゃんをとりあって、手と足がとれちゃったときは、あたしもないちゃった。すると、おかあさんがだっこしてくれて、とってもいいことをしてくれたんだよ。
    がんばっちゃうおねえちゃんと、ちゃんとそれをわかってくれてるおとうさんとおかあさん、かわいい赤ちゃんのいもうとたち。3つのおはなしとも、「ああ、よかった!」でおわります。

全11件中 1 - 10件を表示

こがようこの作品

ツイートする