ひみつのおかしだ おとうとうさぎ!

制作 : 枇谷 玲子 
  • クレヨンハウス
3.52
  • (5)
  • (5)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784861012013

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 26年度3年

  • おかしを土曜日以外に食べると、トロルに連れ去られてしまう。

    パパうさぎが土曜日以外の日に食べてたから真似したおとうとうさぎは、直後トロルに連れ去られてしまう。
    お菓子工場の中でトロルのヒミツのおかしを食べて、助かる話。

  • 資料番号:020237111
    請求記号:E/ビヨル

  • 絵が細くて、読みながら子供は楽しんで見ていた。
    読み聞かせもできなくはないかな?
    悪い奴が出てきて退治する系の話。

  • たいのだいのおきにいり★

  • トロルも、おかしを、だれにもたべさせてあげなかったから
    トロルもわるいなあと、おもいました。

  • ≪県立図書館≫

    絵がおもしろかった。
    結局、おかしをいっぱい食べちゃうんだね。
    でも、なんでおとうさんは、連れ去られなかったんだろう??
    大人、だからかなぁ。
    ずるい。

    トロルを食べちゃうあたりが、
    ちょっと私にはグロかった。。。

  • こわいけど、おかし工場にいってみたい。 (H.7歳)

  • 2012年12月16日

    <GODISTROLLET>
      
    装丁/タカハシデザイン室
    描き文字/松岡芽衣

  • 土曜日にしか、お菓子を食べちゃいけないのに、お父さんが土曜日以外に食べているのを見てこっそり食べるおとうとうさぎ。
    トロルがやってきて、おとうとうさぎや他の約束を守らなかった子たちをお菓子を作る工場で無理やり働かせる。
    口にはテープをして、お菓子は食べられないようにして。

    おとうとうさぎが不思議な機械の助言を借りて、ひみつのお菓子を食べれば解放されることを知る。
    トロルは実はお菓子で出来ていたことを突き詰めて、みんなでトロルを食べると中からか小さい魔物な出てきた。
    小さいとみんなに馬鹿にされて、お菓子を作る手伝いをしてもらえないから、恐ろしいトロルに化けてたのだとか。
    その後は、子供たちは、お菓子をもらうこと条件にお菓子作りを手伝うことに。


    画面がカラフルで、お菓子が食べたくなる。

    トロルの外見が、まどマギのあのお菓子の魔女みたい。
    スウェーデンにはもともとこういうモチーフのものがあるのかな。

全18件中 1 - 10件を表示

ヨンナ・ビョルンシェーナの作品

ツイートする