落語絵本 十五 みょうがやど

著者 :
  • クレヨンハウス
3.52
  • (4)
  • (7)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 84
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861012075

作品紹介・あらすじ

みょうが布団にみょうが枕、みょうが風呂にみょうがプリン!?これでもかっ、とくり出されるみょうがのオンパレードのおかしさは、川端絵本の真骨頂。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017年度 6年生 8分30秒
    茗荷を食べ過ぎると物忘れをする。
    そんな事は無いのですがこれを本気にした宿屋の夫婦が
    客の忘れ物を巻き上げようと茗荷のフルコースでおもてなしをします。
    お客が忘れていった物は?
    子供たちも最後まで聞きいってくれ最後のオチでは「そういうことか~!」と声が上がりました。

  • 最近、保育園で読んでもらったらしい娘(4歳)のチョイス。落語はリズムがあって読みやすい。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • [墨田区図書館]

    六年生用の読み聞かせ本を探して借りてきたうちの一冊。
    結局これと「たのきゅう」に絞って、読みやすさ("みょうが~"が多く出てきすぎて、二冊を時間内に読み切れる自信がちょっとなかった)からこちらは落としたけれど、息子はこれが一番面白いとハマっていた。なぜだろう?最後、ずるがしこい宿の夫婦が逆に宿代をもらい忘れて損をしてしまうから?

  • 「みょうがを食べると物忘れがひどくなる」そんな迷信を信じた宿屋の夫婦はみょうがづくしで旅人をもてなします。みょうが好きの旅人は喜びますが、宿屋の夫婦にはあるたくらみがあって・・・。軽快な口調が面白い落語絵本です。

  • 客にみょうがを食べさせて、忘れ物を貰ってしまおうと考えた宿屋のの夫婦が、客から宿代を貰い忘れるという落語の絵本。面白いです!

  • 28年度(5-2)
    27年度(3-2)
    26年度(2-3)
    12分

  • 息子ちゃんと寝る前に読んでいる本も、最近は字数が増えてきてなかなか疲れる仕事になってきました。

    そろそろ自分で読んでほしいと思う反面、親子のコミュニケーションには欠かせないkとおでもありまして・・・。

    最近、息子ちゃんがハマっているのがこの「落語絵本」というものです。

    読んでいる方も、読んでいるだけで落語家になった気分になり、

    スラスラと読めれば、とっても気持ちがよい。

    落ちがあるから、多少話が長くなっても子どもちゃんも読後感は大満足です。

    さてお話としては、

    「みょうがを食べると物忘れがはげしくなる」という言い伝えを信じた宿屋の夫婦が

    お金を持っていそうな上客に、みょうがのフルコースを食べさせて・・・さてどうでしょう。

    みたいな感じです。

  • 面白いオチでしたが…年長児にはちょっぴり難しかったかな?

  • 絵本  EL||カワ||15

全19件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1952年、新潟県生まれ。主な作品に『鳥の島』(第5回絵本にっぽん賞受賞)『槍ヶ岳山頂』『うえきばちです』『お化けシリーズ』『野菜忍者シリーズ』(BL出版)『落語絵本シリーズ』(クレヨンハウス)『りんごです』『バナナです』『いちごです』(文化出版局)など多数。絵本の開き読み「絵本ライブ」を全国で行っている。

川端誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
ユージーン トリ...
川端 誠
モーリス・センダ...
ジョン・クラッセ...
ヨシタケシンスケ
ポール・フライシ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする