わたしの好きな育児書 (クーヨンの本)

  • 93人登録
  • 3.73評価
    • (7)
    • (10)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 18レビュー
  • クレヨンハウス (2013年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861012532

作品紹介

「育児に失敗したら…」みんなみんな悩んでる-小児科医、保育士、絵本作家。あのひとが使った育児書157冊。

わたしの好きな育児書 (クーヨンの本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ひとの体験を聞くーということは何事においても大切だが、
    特に育児、みたいな…迷いばかりで見方がせまくなってしまいがちなことに向き合い続けるには大切なことだ´д`

    本書をくりかえし読むことで、育児に向き合う前の‘初心’を何度も思い出すことができそうで、とてもうれしい(^_^)

  • 2017.12

  • 育児書=マニュアル、みたいな先入観があり読まずに長男が2歳近くに。次男出産間近になり、知識として読んでみたくなったが、なにを読んでいいか悩んでたところに図書館で出会った。育児書と一言でいっても多様なジャンルがあり、ジャンル毎に分かりやすく数冊ずつ紹介してくれて、とっても分かりやすい本。

  • 様々な分野から選ばれた本が紹介されておりとても参考になります。
    読んでみたい!と思うものが多く、
    一体何冊ブクログに登録したやら!?
    ブクログでみなさんのレビューを読んで
    益々読みたくなる本がたくさんありました。
    これからコツコツ読み進めていきたいです。

  • ◆きっかけ
    クーヨン2013年6月号 2016/7/22

  • 参考になる育児書が紹介してある!

  • 子育てに迷ったとき、なにかヒントがほしいときに、この本を見て今の自分に合った育児書が見つけられると思う。読んでみたい本がたくさん。子が成長したら、今はぴんとこなかった本が読んでみたくなるのだと思う。そしたらまたこの本を開いてみたい。

  • 妊娠しているときに、これからの子育ての不安を支えてくれる本はあるだろうか?と思って手に取った本です。

    育児は、ひとりじゃできない。
    旦那に甘えながら、母親に助けてもらいながら、友人に、地域の人に相談しながら、たった一人を育てていく。
    それでもやっぱり、不安な事はたくさんある。
    病気になったらどうするの?
    どんな風に子どもを育てていきたい?
    どんな風に接してあげたらいいの?
    毎日浮かんでくる多様な悩みに、「そんな時はこれを読むといいよー」と、たくさんの本が紹介されています。

    悩んだって、戸惑ったって、いいんです。
    それが子育てだから。
    だけど、分からないことだらけの子育てを、躓いてイライラするか、楽しむためのツールを持っておくかというのには大きな違いがあると思う。
    私にとって、この本はその大きなツールの一つ。素敵なインデックスです。

  • いろんな本が紹介されていて、漫画からシュタイナー等幅広くあり、興味のあるものはメモ。
    1歳前後の時に読んだので、時期が変わればまた読みたい本も変わるかも。

  • 図書館にて。
    育児に関する本、絵本やコミックまで紹介された1冊。
    写真、口コミやインタビューも満載で中身が濃いと思った。
    育児をしている最中は手元に置いておきたい1冊。
    紹介されている本はメモっておいて読んでみたいと思う。

全18件中 1 - 10件を表示

[月刊クーヨン]編集部の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
川上 未映子
毛利 子来
有効な右矢印 無効な右矢印

わたしの好きな育児書 (クーヨンの本)はこんな本です

ツイートする