あたまのうえにとりがいますよ (ぞうさんぶたさんシリーズ絵本)

制作 : 落合恵子 
  • クレヨンハウス (2013年9月2日発売)
3.90
  • (2)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (57ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861012600

作品紹介・あらすじ

ジェラルドのあたまのうえに、とりが、すをつくってしまいました。こまりはてたジェラルド、ピギーはどうする?

あたまのうえにとりがいますよ (ぞうさんぶたさんシリーズ絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2歳 イギリスらしい少しシュールなオチだけど、基本的に絵本らしいジェラルドとピギーの友情物語。
    セリフのみの構成で、字は少ないので子どもにも分かりやすいのか?書いてあることはなかなか難しいかなと思うのだけど。
    本人が選んだだけあって気に入ってよく読んだシリーズ。

  • アメリカで累計100万部以上を売り上げているという人気シリーズの翻訳版。おっとり哲学的なゾウさんのジェラルドと、しっかりものでおてんばのぶたのビギーの仲良し2人のやりとりがほのぼのほっこり。この本のストーリーも、タイトルどおり、ゾウさんのあたまのうえに1匹とりがいますか?いいえいません。いるのは2羽です、といった具合で2人のかけあいがなんだか禅問答をしているようで笑えます。シリーズでいろんな会話を楽しみたいし、シンプルな会話がつづくので英語版も手にしてみたい。読み聞かせに良さそう。

  • ぞうのジェラルドとぶたのピギー、ふたりの掛け合いがおもしろい。なかよしなのねぇ〜とほっこりします。

  • なかよしのぞうさんとぶたさんのお話。
    こっちは名前が出てくる。

    頭の上に巣を作られて困るぞうと、ぞうの相手をするぶた。
    焦ってるわりにのんびりしてる。
    ぶたとぞうの会話のスピードと、とりの生活のスピードがあってないのが面白い。

    内容にあまり意味がない(意味を感じ取れと押し付けてこない)ところがいい。
    「これは机ですか」「いいえ、これはジョンです」的な、すっとぼけた翻訳調が面白いけれど、ラブバードとかは意味が伝わりにくいかも。
    もうひとひねりほしいところ。

    でも、言葉と絵のゆるさが楽しい。

  • 象のジェラルドの頭の上に1羽の鳥が止まった。
    友達の豚のピギーに頭の上がとうなっているかを聞くと、1羽だった鳥が2羽になり、巣を作り、卵が産み落とされ、小鳥が生まれる…。
    ジェラルドはどうなっているか逐一聞き、ピギーも説明してくれるが状況は
    どんどん変わっていく。
    最後に鳥たちに別のところへ引っ越してくれないかと頼むと、飛んでいくが、今度はピギーの頭の上に巣を載せたのだった。

    1ページで1コマの漫画のような絵本。
    わざとなのか、訳が直訳すぎて、そこも笑えるのかもしれないけれど、受け付けなかった。

全5件中 1 - 5件を表示

モー・ウィレムズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あおき ひろえ
クリス ホートン
ポール・フライシ...
蜂飼 耳
ヨシタケシンスケ
ミロコマチコ
加藤 休ミ
ジョン・クラッセ...
聞かせ屋。けいた...
いまい あやの
かがくい ひろし
ジョン・クラッセ...
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
レミー チャーリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

あたまのうえにとりがいますよ (ぞうさんぶたさんシリーズ絵本)はこんな本です

ツイートする