ガイドブック的! 観光社会学の歩き方

著者 :
  • 春風社
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861101267

作品紹介・あらすじ

「擬似イベント」「シミュラークル」「多様な声」「風景の政治学」などユニークな10の角度から10の観光地をツアー。そこから見えてくる「観光」の新たな側面。キーワード解説ブックガイドもついてよくわかる「観光社会学」入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 観光社会学の入門書でありながら、現代思想のカタログとしても、単なる観光ガイドブックとしても楽しめる。
    いやー、なんでも学問になるもんだなあと感心。

    あと本筋とは関係ないが、面白い論考を紹介する修飾がほとんど「刺激的」というのが笑った。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1963年生まれ。関西学院大学社会学部卒業、同大学院社会学研究科後期博士課程単位取得退学。社会学修士。現在、立命館大学文学部教授。観光社会学・現代文化論専攻。『ガイドブック的! 観光社会学の歩き方』(春風社、2007年)、『現代文化論』(ミネ ルヴァ書房、2011年)、『メディア文化論』(編著、ナカニシヤ出版、2013年)、他。

「2019年 『人をつなげる観光戦略』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遠藤英樹の作品

ツイートする