英語のルーツ

著者 :
  • 春風社
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861102837

作品紹介・あらすじ

英語の歴史的な発展をたどり、他の言語と比較することで、英語の「なぜ」がよく分かる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本語に古語があるように、英語にも古英語があったということを初めて知った。現代英語とは別言語すぎて、全然読めないのね。
    英語は、様々な言語からの借用語が多くて単語の綴りに対する読みがめちゃくちゃ難しいし、変化形が不規則になってしまっているんだ。
    英語以外のヨーロッパの言語を勉強したら、英語も上達するかも?

  • 4月
    請求記号:830.2/Ka 図書ID:10020970

  • 英語史の本では一番

  • 請求記号:830.2/Kar 所蔵ID:50062230
    配架場所:書庫入り口横 学生選書コーナー

    【コメント】
    中学時代から何となく習ってきた英語。
    少し大人になった今、英語のルーツを知ってみませんか?

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

駒澤大学文学部教授。博士(文学)。専門は英語史および中世英語英文学。2001年度および2014年度にオクスフォード大学(キャンピオン・ホール)に留学。留学以外でも、2002 年以降現在まで、毎年数カ月研究目的でイギリスに滞在。著書に『アングロ・サクソン文学史: 韻文編』『アングロ・サクソン文学史: 散文編』(東信堂)、『多民族の国イギリス』、『英語のルーツ』(春風社)、『世界の英語ができるまで』(亜紀書房)、『The Old English Metrical Calendar』(Menologium)(D.S. Brewer)などがある。


「2017年 『日本人が知りたいイギリス人の当たり前』 で使われていた紹介文から引用しています。」

唐澤一友の作品

ツイートする