聖地と祈りの宗教社会学―巡礼ツーリズムが生み出す共同性

著者 :
  • 春風社
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861103155

作品紹介・あらすじ

制度や伝統が崩れ、個人が私的にキリスト教を消費する時代に、人々はどのように他者と紐帯を結び信仰を構築するのか。ツーリズム化する聖地巡礼を通じて織り成される新しい共同性を探究する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • CHIT

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

北海道大学メディア・コミュニケーション研究院准教授。1979 年、東京生まれ。著書に『聖地と祈りの宗教社会学』(春風社)、『聖地巡礼─世界遺産からアニメの舞台まで(中公新書)、『江戸東京の聖地を歩く』(ちくま新書)など。

「2017年 『東アジア観光学 まなざし・場所・集団』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡本亮輔の作品

ツイートする