アンドレ・バザン:映画を信じた男

著者 :
  • 春風社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861104565

作品紹介・あらすじ

トリュフォーを監督として育て上げ、映画批評の金字塔『映画とは何か』を著したアンドレ・バザン。彼の美学は没後半世紀を超え、現代アジア映画、宮崎アニメにも通じるのか。名仏文学者による待望の映画論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 期待していた内容と違った。てっきり、アンドレ・バザンの自伝本かと思っていた。

    バザンの理論を使って、エドワード・ヤンや宮崎駿について分析しているのは面白いが、この2人はバザンが1958年に亡くなった後に登場した監督だ。バザン本人に分析してもらいたかっだが・・・。

  • 【選書者コメント】野崎氏は今年、バザン『映画とは何か』の新訳を文庫で出されてもおります。本書とあわせて、是非お手元に。
    [請求記号]7700:1352

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

仏文学者。東京大学大学院人文社会系研究科教授。著書に『ジャン・ルノワール 越境する映画』(サントリー学芸賞)、『異邦の香り ネルヴァル『東方紀行』論』(読売文学賞)、『アンドレ・バザン』等。訳書多数。

「2015年 『国境を超える現代ヨーロッパ映画250』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野崎歓の作品

ツイートする