こどもたちへ 夜回り先生からのメッセージ

著者 :
  • サンクチュアリ出版
3.76
  • (56)
  • (30)
  • (96)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 295
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861130069

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「たった一人の大人が君のそばにいるよ」水谷先生のお言葉から、「寄り添いを考える会」は始まりました。

    本書は、「寄り添いを考える会」の原点となる1冊です。

  • 自分病になって救われることはない。人との関わりで自分が生まれます。人に優しくすることで、自分が救われます。友達は自分の鏡です。

    言葉はもう一人の自分です。ですので、大切に扱いましょう。

    心が辛い時は一人で悩みません。頭の中で考えても、嘘が必ず混じっています。動き出すことが真実です。

    人に話せないということは、誰も信用していないということ。

    誰かを頼っていても、それは一時的に助けてくれているだけ。その人は私のための階段。あとは自分で動きます。それしかない。

    逃げる勇気、訴える勇気は立派な行動。

    人のために生きれば、明日は自然とやってきます。

    人の為に生きて。今を生きて。毎日が生まれたての赤ん坊のように。

  • 「悩みは見せるものです。苦しみは叫ぶものです。それを隠して抱え込めば,さらに苦しみ,悩みます。弱い自分を見せてください。ひとりでも多くの人に見せてください。そのときにやさしく受け止めてくれた人が,あなたの本当の友だちです。」

    悩みが見せられる存在か,苦しみが叫ばれる存在か。担任として,一人の大人としてそのような子供の気持ちに寄り添える存在でありたい。

  • とにかく、壁にぶつかったときに何回も読んだ本。

    しかし、この本に救いはありません。

    大切なのは、実際に動くこと。
    自分のことで悩まないこと。
    外に意識を向けて、他人のために何かをしてみること。

    大人は、子どもに同じ目線でただ寄り添うだけでいい。


    この本が出版されたときは、てっきり「遺書」だと思いました。

  • 読みやすい本でした。
    たくさんの傷ついた子どもたちを見てきた方の、重みのある言葉たち。

  • 子どものためにと思ったのですが、親が読んでもいい。

    辛いこと、哀しいこと、そういうものは抱え込まずに、外に出そう、周りの人に訴えようとのメッセージ。
    そして、気持ちを訴えてきた子ども達の思いにしっかりと寄り添い、それを受け止めてあげることのできる者となりたい。

    最後の「おとなたちへ」と題したメッセージ。覚えておきたい。

     子どもはみんな花の種です。時期を待てばかならず花を咲かせます。怒鳴ったり小突いたところで何も生まれません。私たちにできるのは、子どもの背中をそっと押すか、見守ることだけなんです。
     私たちはことばを使いすぎます。ことばはいりません。ただ、子どもに寄り添うだけでいいんです。哀しいときは一緒に哀しい顔をして、うれしいときは一緒にうれしい顔をする。子どもに寄り添うというのはそういうことです。決して難しいことじゃありません。
     家の中をきれいにしてください。潔癖にならなくてもいから、きれいにしてください。そして温かいご飯を食べさせて、一日5回以上、ほめてあげてください。それだけで全然違う。はじめから難しく考える必要はありません。子育ては小さなことの積み重ねです。みんなそういう単純なことを忘れて、ことばだけで子どもと接しようとする。だから間違えるんです。
     親という権利を行使する前に、どうかまずはひとりの人間として子どもと向き合ってください。

  • 一番好きな先生!

    生きるのに本気!生徒に本気!
    全力と本気を教えてくれる1冊!

    いま、生きにくいと
    感じる子供達へ
    そして、すべてのこどもたちへ

    僕の中学生の夢は学校の先生と医者と板前
    医者以外は未だにあきらめていません。
    この本のおかげで先生にさらになりたくなりました!

  • こんな大人が増えたらいいな。

  • 2011.4.8 初読 市立図書館

    じわじわと心に沁みる優しい思い。

    「自分にこだわるのはやめましょう。」

    「頭の中だけで考えることには、かならず嘘があります。」

    「人と人はことばではなく、ふれあいでつながるものです。」

  • 落ち込んだ時や、悩んだ時に読みたい1冊。
    育児の合間にちょっとずつ読み進めたけれど、短い文章で読みやすかった。
    子どもにも読ませたいな。
    わたしも、家を整理整頓して、温かいごはんを作って、1日5回以上ほめるを実践したい。

全55件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

水谷青少年教育研究所所長

「2017年 『どこまでも生きぬいて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水谷修の作品

こどもたちへ 夜回り先生からのメッセージを本棚に登録しているひと

ツイートする