ごめんね、ありがとう。 (‾産まれることができなかった赤ちゃんから届いたメッセージ‾

著者 :
  • サンクチュアリパプリッシング
4.71
  • (13)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861132155

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2011.4.16 初読
    子どもって、いろんなことの大切さを教えてくれる。

    2013.4月 再読
    (以前、流産して悲しんでる友達にどう接していいか悩んで、この本の存在を知って読んだ。このころ池川明先生の本に出会ったころだった。)

    「ママさよなら。ありがとう」を読んでるときは、やっぱり赤ちゃんは私に何か教えてくれるために来てくれたのかな。そのメッセージを知りたいな。そのメッセージを受けとろうという決意をさせてくれた。(読む前は悲しみに浸っていっぱい泣こうと思ってたけど、泣けなかった。)

    こちらの「ごめんね。ありがとう」は、前にも読んだことあるけど、今回は読みながら号泣した。
    物語になっているんだけれど、それが感情移入しやすくなってるのかな。

  • この本は 最後まで読み終わるのに とても時間が掛かりました。それだけリアルに"赤ちゃん側の気持ち"を描いているからです。

    「ごめんね、ごめんね」とくり返していた気持ちが
    「来てくれてありがとうね」と思えるようになった一冊。

    そして何より、最後の"ミツルさんとお母さんと男の子"の会話に ニッコリ あたたかい気持ちになりました。

  • 泣いた。
    涙が溢れて止まらない。
    うまれる前の子供たちが親になるママやパパにプレゼント。
    もちろん無事にうまれてくれるのが最善だが、あとの兄弟の為に自分が死産・流産と言う形でも、その親に宿りたい、その家族の一員になりたい。
    326さんがインタビュした方々の話しを元に、326さんのイメージ力で描かれた作品。

    心に染み渡った。

  • あれからもうすぐ1年・・・・っていうときに、偶然、本屋さんでみつけて。
    これは何かの縁かもしれない・・・
    そう思って購入。

    いろんな人のいろんな気持ちがいっぱいつまってる素敵な1冊。

    あれからもうすぐ1年。
    そっちからみて、どうかな??
    ママは頑張れてるかな??

  • 久しぶりに泣いた本。
    うまれる前のことやお腹にいるときのことを覚えてる子供って結構多いみたい。
    その子たちの話をもとにした物語。

    子供は、みんなお父さん、お母さんを選んでくる。
    「子供は親を選べない」って聞くけど、私は違うと思うんだー。

    家庭不和なおうちにも、赤ちゃんが
    「このお母さんを幸せにしたい!」って思ってやってくるんだってー。

    流産してしまっても、赤ちゃんは
    「少しでもお母さんのおなかにいれて幸せだったよ」って思うんだってー。

    私はうまれる前のことや、お腹にいるときのことは全く覚えてないけど、
    きっと「この優しいお父さんお母さんの子供になりたい!」と願ってうまれてきたんだろうな~

  • 2012.04.12

    命が宿ること、生まれてから生きていくこと、そのどれもが当たり前なんかではなく奇跡なんだと思いました。

  • 君が、天使だったころの話。

  • 流産してからこの本に出会いました。
    326さんのかわいい絵と天使になった
    赤ちゃんの胎内記憶の話に泣けました。
    天使になるの分かってママの元に
    来てくれてありがとうって
    心から思えるようになりました。

  • 助産師のたまごの
    あたしは
    助産師になったら
    お母さん達に
    伝えたいことが
    この本をよんで
    いっぱい
    できました。

  • 本を読んで号泣。。

    今、現時点では。
    この本がまだ最初で最後。

    ■意味のないことはない。
    ■今の自分が幸せであることに気付く一助となる。

    大切なのは、想像力。
    ただし、完全なる無からは想像することはできないから
    今までの自分の経験を助けに想像してみる。

    人はなくなって、初めて、その大事さを痛感する。
    まさに、、という感じ。

    でも、知ること/想いを馳せることで幸せを感じ
    力強い一歩を踏み出していけるのでは。


    虫歯が出来てから、歯が健康であることの有難みを感じる。
    風邪を引いてから、自分が健康でいることの有難みを感じる。
    →賢者は事前に知るんだ!!

全10件中 1 - 10件を表示

326の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする