一生イノベーションを起こしつづけるビジネスパーソンになるために20代で身につけたい読書の技法

著者 :
  • アイバス出版
3.30
  • (9)
  • (28)
  • (34)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 278
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861134920

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • '楽しい読書はすべて正しい。'
    '買ったか否かを憶えていない本は、買っておけば間違いない。'
    '好きな人の本棚を覗かせてもらう。'

  • 今、我慢しているなと感じたら読了。無理せず楽しい読書をしようと思った。

    最後のチャプターのテーマは「本を書く」。そんなこと考えたこともないけれど、本を書くことを目標にして、仕事にしろ遊びにしろ人間関係にしろ、日々を過ごしていけば、何かが変わるかもしれないと思った。

    読書したいって思わせてくれる本。

  • 千田さんの本は読みやすくて好きです。この本もエッセンスが拾いやすくなっていました。本を捨てる、本を書くというのが、読書好きの私にはとって新しい部分で、そういうことで得る刺激もいいのかもしれないと思います。読書ばかりの自分を肯定してくれるのも嬉しかった。千田さんの本、もっとたくさん読もう。
    積読もいっぱいだし、本棚も整理されていないので、引っ越したら大きい本棚を買おうと思いました。

  • 「積読は志の高さだ(p.72)」一番ビビっときた。のせられてるのかもしれないけど、救われた。
    「愚痴とはすでに成長することを諦めたもの同士が、ひたすら時間を浪費する行為なのだ。(p.25)」辛辣!でも同意。

全38件中 31 - 38件を表示

著者プロフィール

愛知県出身、東北大教育学部卒。日系保険会社、大手コンサルティング会社を経て独立。のべ3300人のエグゼクティブ、1万人を超えるビジネスマンと対話の経験を活かし、執筆・講演・コンサルティング等で活動中。

「2019年 『いつまでも変われないのは、あなたが自分の「無知」を認めないからだ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千田琢哉の作品

ツイートする