一生イノベーションを起こしつづけるビジネスパーソンになるために20代で身につけたい読書の技法

著者 :
  • アイバス出版
3.30
  • (9)
  • (28)
  • (34)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 278
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861134920

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1時間あれば読み終える清涼剤並みにスッキリになる本.
    以下読書メモ

    読書に没頭している間は愚痴とは無縁の世界に浸かる
    成長を求める人は必ず読書している.愚痴の時間は人生最大のムダ.自分を磨いて輝いている人は、絶対に群がらない.

    孤高な読書家は思考が複眼的になる
    読書はあなたの思考を明確にしてくれる.思考が言語化されると,問題解決能力が身につく.

    読書する人は,人間の深さが滲み出ている.読書する人は,瞳の中に探究心の炎が燃えている.読書する人は,他人の心の痛みを理解しようとするオーラがある.

    物に執着していると幸運を逃す.
    自分の身の助けになることは,頭の中に詰め込んだ本の知恵.

    読む力は書く力によって養われる.
    自費出版で本を配る.
    批判は無関心ではない証拠.ありがたくうけとめよう.
    真の愛情があれば,どん底に落としてくれる.

    動いて試すことで人生に変化が訪れる.
    難易度が高いチャレンジも呆れるほど繰り返すと成功に繋がる.
    扉を開いての一歩踏み出すのはあなたの力だ.
    実力はあるのに仕事が受注できない人には出版最適だ.
    行動力=勘違い力.勘違いからの自信の翼は夢実現のエンジンになる.

    著者になると人類の歴史に名を刻める.歴史は創造的破壊=イノベーションの繰り返し.イノベーションを起こし続ける挑戦者を目指そう.
    傍観者から挑戦者になると,本当の読書ができる.

  • ・まえがき
    絶望したら読書
    ・読書の基本スタンス
    ・本と出逢う
    ・本を買う
    ・本を味わう
    ・本を活かす
    ・本を捨てる
    ・本を書く
    ※ 最終章がこの本で著者が伝えたいこと全てが書かれてあります。

  • 本を読むモチベーションがググッと引き上げられました。
    千田さんの本は短的に要点がまとめられており、とても読みやすいですね。

  • 「積読は志の高さだ(p.72)」一番ビビっときた。のせられてるのかもしれないけど、救われた。
    「愚痴とはすでに成長することを諦めたもの同士が、ひたすら時間を浪費する行為なのだ。(p.25)」辛辣!でも同意。

著者プロフィール

愛知県出身、東北大教育学部卒。日系保険会社、大手コンサルティング会社を経て独立。のべ3300人のエグゼクティブ、1万人を超えるビジネスマンと対話の経験を活かし、執筆・講演・コンサルティング等で活動中。

「2019年 『いつまでも変われないのは、あなたが自分の「無知」を認めないからだ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千田琢哉の作品

ツイートする