超訳 孫子の兵法

著者 :
  • アイバス出版
2.63
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 55
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861134975

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 270928

  • 最古にして最強のビジネス書だから。

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50108172&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 鵜飼研究室必読書

  • いつの世も“勝者”には、勝者たる理由がある!勝者とは、単なる戦いに勝つ者ではない。真の“人生の勝者”になるための必読書―

  • 勝てる条件が整うまでは戦わないというのが原則。それを、次の方法論と実践者の観点から書いてある。

    まず勝つためには相手が勝てると思っている部分を、情報や勢力等を分散させることで優位性を失わせて集中的に攻めるという手法。

    そして、リーダー論としては規律を重んじて、過酷な状況にすることでメンバーの一生懸命さを引き出すことに重きが置かれている。現在のリーダー論とは真逆だが、想定外の状況では規律がものをいうことには深く納得。

  • 140622

  • 戦略を考える上での重要な古典の超訳と言うことで、手に取った。戦略として、網羅的に書かれているため、モレはない気がするが、反面重複や対立する点がある気がして、仕方がなかった。その辺をクリアしていくのが、名将なんだろうが。。

  • 「孫子の兵法」を超訳でわかりやすく読み解く。古典的な本書であるが、内容は未だ色あせず。戦いの場で利を持つこの内容は、現代のビジネスの中においても、同様に有効であると考えれる。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

野中 根太郎:早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100―変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術―相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

野中根太郎の作品

超訳 孫子の兵法を本棚に登録しているひと

ツイートする