吉田松陰の名言100 −変わる力 変える力のつくり方−

著者 :
  • アイバス出版
4.17
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861135842

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今のオレには、
    「機会(チャンス)を逃すな」が最も沁みる。

    何もせずに、この機会(チャンス)を失ってしまうのは、
    人の罪というしかありません。

  • 吉田松陰の言葉。

    「時折、作者の解説がじゃまをする」のだけが残念。

    後述。
    この数年、NHK大河をずっと見てますが、世の中の評判はあまり良くないけれど、個人的には結構気に入っている「花燃ゆ」です。
    そんな事で、吉田松陰の事が気になってた所に、たまたま入ったブックマーケットでこの本を見つけ読んでみたら、もっと吉田松陰の事を知りたくなって、このあと何冊も「松陰本」を読んでしまうきかっけとなりました。

    さらに後述。
    結局、この本がきっかけで松陰本を何冊も読むことになり、さらにその結果、色々な本を読んでいくきっかけとなった本。

    そういう意味で、5つ★とします。

  • このような大きな人になりたい。
    そう感じさせてくれる名言であった。

    著者の海外批判が目にとまる所もあるが、言いたいことも垣間見れてよかった。

    一番印象に残った文は
    「彼の道を改めて我が道に従わせ難きは、猶ほ吾の万々彼の道に従ふべからざる如し」

    教育者とは何かを考えさせられる文だと思う。
    自分の考えは正しいと過信してもいけない。しかし正しいと思うことも言わなければならない。それを本当に伝えたいのならば、一つの言い方ではなく、たくさんの言い方からその人のもつ考えにアプローチすることであると感じた。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

野中 根太郎:早稲田大学卒。海外ビジネスに携わった後、翻訳や出版企画に関わる。海外に進出し、日本および日本人が外国人から尊敬され、その文化が絶賛されているという実感を得たことをきっかけに、日本人に影響を与えつづけてきた古典の研究を更に深掘りし、出版企画を行うようになる。近年では古典を題材にした著作の企画・プロデュースを手がけ、様々な著者とタイアップして数々のベストセラーを世に送り出している。著書に『超訳 孫子の兵法』『吉田松陰の名言100―変わる力 変える力のつくり方』(共にアイバス出版)、『真田幸村 逆転の決断術―相手の心を動かす「義」の思考方法』『全文完全対照版 論語コンプリート 本質を捉える「一文超訳」+現代語訳・書き下し文・原文』(共に誠文堂新光社)などがある。

「2017年 『全文完全対照版 孫子コンプリート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野中根太郎の作品

ツイートする