聞けば叶う〜わもん入門

著者 :
制作 : 発行:文屋 
  • サンクチュアリ出版
3.75
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861136320

作品紹介・あらすじ

もっと伝えたい。もっとわかりたい。もっと成長したい。もっと輝きたい。カギを握るのは、聞く力。太古から未来まで永遠不変。無敵のコミュニケーション術「わもん」。「わもん」を身につければ、対人関係は良好!悩みは解消!眠れる力が目覚める!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人の話を聞くってすごく奥深い!

    私の一生のバイブルになる一冊。
    きっとこれから何回も何回も読み返すことになりそう。
    そのたびにきっと気づきがあるはず。

  • ずーっと同じ話の繰り返しで半分ほどで断念。くどすぎる。
    いいこと言ってるとは思うけど、評判ほど良い本には感じられなかった。

    ただ実践するべきだと思う。

  • 「わもん」(話聞)

    話を聞く事による自己修養法。
    「絶対尊敬」「完全沈黙」を基本とし
    話し手の話を徹底的に聞く修行。
    聞き手は話し手の心の奥底にある
    「声なき声」を聞き
    話し手の気づきや自己成長を手伝う。

    話し手に対する思い込みや先入観、
    否定的な感情などは一切起こらず
    いかなる話もありのままに受け止める。

  • 話を聞くことによる自己修養法。
    聴く相手に対して『絶対尊敬』『完全沈黙』する。
    実際に行うにはかなりの努力が必要ですね。

    聞き手にできるのは、ただ話し手が話すままに聞き、一緒に感情を感じてはいけない。ただ聞けばよい。

    『受け答えするときには、話し手が話した言葉をそのまま使って応じる』
    『批判や否定も、意見や助言もせず、そのまま受け止める。話し手がいつか必ず自分でその悩みを解決できると信じ切る』
    『答えを見つけようとしない』

  • 傾聴を柱にした自己修養法「わもん」の入門書。

    ハッキリ言って、難しい!
    いや、書いてあることは平易で文意としては理解できるんだけども、本書を読んだだけでは全く実感を伴わない。
    「絶対尊敬」「完全沈黙」「聞き手未熟」「和聞一如」、「絶対点」・・・といったキーワードが意味することも何となくわかるし、それがもたらす効果もぼんやりイメージできるものの、具体的に実践する姿がまるで想像できない。

    「聞き手は自分の気持ちを出さずに聞く」
    言うは易し、行うは(多分、相当に)難し。今度セミナーを受けるので、そこで実感できるかどうか。

全6件中 1 - 6件を表示

薮原秀樹の作品

ツイートする