道に迷う若者へ

著者 :
  • 立志出版社
4.09
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861136566

作品紹介・あらすじ

この本で語りかけること。それは「人は何のために生まれて来たのか」という根源的な問いの答えの見つけ方だ。一見すると厳しいことを書いているように見えるが、実はこの本は、君のことを「ダメだ」とは一言も否定しておらず、何も説教をしていない。そして全体を通して、たった一つのことしか書いてない。だが何故か、君は様々な感情を伴いながら読むはずだ。そう、それは読みながら振り返る人生の旅路。それは、今まで見ることのなかった不思議な世界のはずだ。(序章より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 熱い!
    行間からその熱さが伝わってくる。

  • 道に迷う若者に向けて著者が発したメッセージは、常識的な一般の大人が発するメッセージとは、趣きが大きく違う。旧財閥の家柄から、アンダーグラウンドな世界での経験は、揺るぎない信念と結びついて、自分らしい生き方を身に付けた。

  • ひでちゃんオススメで貸していただいた本。

    読者をお前と呼びつつ、過激な言葉遣いで過去のことを軸に語りかけるも、
    失礼だとか破天荒だとか言うより、むしろ両親や兄貴からうける温かい包容力を感じる。
    きっと本人の体験を元に、著者の心の声を自分の言葉で紡いでいるからだと思う。

    荒削りだとかなんとかいって、性に合わない人もいるかもしれないけれど、
    読む人の心に揺さぶりをかけ、
    幾つかの自問自答のきっかけがきっと生まれる。

    自分の親しい人にも薦め、
    読後感をshareしたい一冊。

  • 例えどんな人生の決断であったとしても、納得のできる生き方が大切である

  • 「人は皆、孤独な存在だ。」

    想定読者は、現在の自分に満足していない人だと思われる。満足していない人の中でもさらに、プライドが高く、しかし同時に、現在の自分の環境に危機感を抱いている人だと。

    強い言葉がよく使われており、知的な文章が、表面的なものに感じられる。第七章の決起文が一番面白く感じた。著者の伝えたいことは、”頑張れ”に集約されると思う。

    問題は、想定読者がこれを読むかどうかである。そういった人たちは、そもそも読書することができるのか。第一章人生とは何か、が著者の自分語りになっており、想定読者がこの先を越えてより大切な部分に行きつくことができるのか疑問である。

全5件中 1 - 5件を表示

高取宗茂の作品

ツイートする