錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考

著者 :
  • サンクチュアリ出版
3.38
  • (6)
  • (10)
  • (13)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861138249

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鼓舞される。やるぞという波に乗っている時に読むと背中を尚押してくれる。

  • ○「グリコーゲンローディング」は覚えておいてよいスポーツ栄養学の理論である。(173p)

    ○素晴らしい成功を収めてきたテニスプレーヤーを徹底的に研究した結果、常に勝てる選手と常に負ける選手を分ける最も重要な要素の一つは、回復のスキルであることがはっきりした。(187p)

  • 正直ちょっと期待外れだった一冊。

    一言ごとに児玉光雄さんの所感というかまとめみたいなものが付記されますが、たぶん錦織選手ないしチャンコーチないし、コメントはあくまで一つの文脈まとめてコメントしているものだと思われます。
    ちょっと継ぎ接ぎにする内容ではないかなー、というのが感想。
    これだったら対談形式でコラムみたいにまとめてくれた方が楽しく読めたような…

  • -2015/9/5
    勝てない相手はもういないと思います。
    「自己イメージ」が一流と二流を隔てている

    アフォーダンス理論

    優勝するのはお前じゃない、俺だ、と言う強い気持ちがなければ戦う前に負けている。過去の実績なんて、目の前の試合には関係ない

    スコアじゃない、全てのポイントに意味がある

    何で練習場に1時間前に来るんだ。2時間前に来てストレッチの時間を倍にしろ

    恵まれない環境や能力不足は、自分で考えることで(創造性)で克服できる

    2014年、錦織はいくつかの具体的な目標を立てた。TOP10入り、グランドスラムのBest4。目標を明確にした事で、そこへの道筋も見えて来た

    ノートに記録する習慣をつける

    悩んで解決する悩みと、悩んでも解決しない悩みがある。例えば、ベストを尽くすと言う、自分でコントロールできることに集中する

    夢は世界チャンピオンになること

    テニスをすることに生きているという理由がありそこから快感が生まれてくる
    一意専心こそ成功者の共通点
    -
    練習以上の成果は、試合ではでない

    闘志をもって戦うことが自分にとって一番大切なこと•••試合で心掛けていることを聞かれて

    子供の頃、試合に勝つことが快感で、楽しくて仕方ありませんでした。強くなるにつれて、打てるショット、できるプレーが増えて、楽しみが増えて行く。そういう気持ちを忘れないことが大切だと思います

    自分でいつも大事にしているのは、まずテニスを楽しみたいと言うこと。

    勝つと思い込むことが、重要になると思います
    勝つことが全てではない、勝つ決意をすることが全てなのだ

  • 単純に次元の違いを感じられる。
    今の自分の甘さを客観的に見られる。

  • いい。
    自分がやってたことが間違いじゃなかったって確信できた。

  • マイケル・チャンに出会い、錦織は意識改革をしてさらに強くなった。
    短期間で錦織を飛躍させたチャンコーチの教えとは。

  • 錦織圭の言葉を元に、色々と考察してある。確かに、単元ごとに内容を変えたり、読みやすい工夫はあるけれど、連続性はないというか、それぞれの内容で終わっているのと、1ページの考察が浅すぎて、読んでいても、ふーん、という感じ。新聞のコラムにもならない内容が続いて、読むことが面倒になりました。

  • ただのスポーツ本でも、ビジネス書でもなく、ミックスさせているところが面白い

  • 【No.2】「自分の持っている武器でいかに戦うか。深く思索を積み重ねれば、具体策は必ず生まれてくる」「成長のための答えは、当たり前と見逃していた物事の中に潜んでいる」「入念な準備というのは何もアスリートのみに課せられるものではない。一流人ほど完璧な準備に意識を注いでいる」「自分がコントロールできる要素を完璧なものにすることに努めて本番に臨む」「人生には良いことだけでなく辛いことも起こる。良いことが私たちに自信をプレゼントしてくれ、試練は私たちに飛躍のヒントを授けてくれる」「不安や恐怖というのは、行動も起こさずに考えるだけの人間が抱くもの」

全16件中 1 - 10件を表示

錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考のその他の作品

児玉光雄の作品

ツイートする