カンタンに売れるのになぜYouTubeをやらないんですか!?

著者 :
  • サンクチュアリ出版
3.13
  • (2)
  • (12)
  • (14)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 184
感想 : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861138676

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タイトル通りYouTube最高だぜ!っといった内容が終始続く本。著者の話し方からなのか、内容がテレビショッピングを見ているような内容だった。
    文中に出てくる内容で、著者の奥様が「YouTubeをやらない人は、ビジネスで成功したくない人なのかしらね」という言葉は著者の代弁となっていると思う。
    YouTube教信者にとっては必読書。

  • YouTubeを始める人は読んだ方が良い一冊です。
    どんな業界が伸びていくか、投稿の頻度など
    様々なことが指南されています。

    すでに始めている人も読む価値あり!

  • You Tubeの基礎基本がわかります!
    人によっては物足りないかもしれません。

  • かなり有意義なアドバイスに溢れている。
    YouTubeで情報発信するなら、読んでおきたい。

  • 早速、動画を一本作成しアップしました。まず、作ること、上達は後から付いてくるから。

  • 水増し巻が半端ない。

  • とても参考になりました。
    けど少し内容が薄いかな

  • モチベーションスピーカーとして知る人ぞ知る、鴨頭嘉人氏の本。この方を知ったのは、NHKから国民を守る党の立花孝志氏の動画がきっかけ。

    鴨頭氏のYouTubeに対する情熱が伝わった。星四つ。

    いわく、広告収入を期待するのはNG、つづけること、発信するものは少ない、ご自身の体験ではチャンネル登録者が5000人を超えるあたりから変化が起きてきた・・・など。

    クリスチャンとして動画を配信している私としては、多少はこの世的なことが目についたが、概してモチベーショナルなので読んでいて楽しかった。

    動画を配信しようかどうしようかと迷っている人には特におすすめ。既に配信している人には、メガYouTuberの鴨頭氏の走り続けられた理由と、苦労が分かって面白いと思います。

  • 図書館で予約してから、随分待たされたが、内容が薄っぺらくてぶっ倒れそうになった。

    YouTubeの世界では、最初の15秒が勝負です。
    この動画を観たら何を得られるのかを最初にはっきりと言わなきゃダメなんです。

  • モノの消費からコトの消費へ。物が溢れる時代でモノ自体の価値よりも心の価値(モノにまつわる物語、それにより得られる新しい人生体験、充足感)が高まる。
    そして、物が売れるには情報の信用が必要になり、テレビの情報より個人が発信するSNSの情報が重視される傾向が加速する。SNSの中でも圧倒的に情報量の多いYouTubeが必要とされる時代。ビジネスするならYouTubeを活用しない手はない。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高校卒業後、東京に引越し19歳で日本マクドナルド株式会社にアルバイトとして入社。4年間アルバイトを経験した後、23歳で正社員に、30歳で店長に昇進。32歳の時にはマクドナルド3,300店舗中、お客様満足度日本一・従業員満足度日本一・セールス伸び率日本一を獲得し最優秀店長として表彰される。その後も最優秀コンサルタント・米国プレジデントアワード・米国サークルオブエクセレンスと国内のみならず世界の全マクドナルド表彰を受けるなどの功績を残す。
2010年に独立起業し株式会社ハッピーマイレージカンパニー設立(現:株式会社東京カモガシラランド)。
人材育成・マネジメント・リーダーシップ・顧客満足・セールス獲得・話し方についての講演・研修を行っている日本一熱い想いを伝える炎の講演家として活躍する傍ら、リーダー・経営者向け書籍を中心に18冊(海外2冊)の書籍を出版する作家としても活躍。さらには「良い情報を撒き散らす」社会変革のリーダーとして毎日発信しているYouTubeの総再生回数は2億回以上、チャンネル登録者数は延べ100万人を超す、日本一のYouTube講演家として世界を変えている。

「2021年 『心を変えれば、世界が変わる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鴨頭嘉人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
メンタリストDa...
与沢翼
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×