大切にしたい、にっぽんの暮らし。

  • サンクチュアリ出版
4.00
  • (13)
  • (7)
  • (3)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 215
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861139000

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 6/1は衣替え
    この機会にお薦めしたいのが、
    四季のある日本をもっと楽しむための『大切にしたい、にっぽんの暮らし。』。

  • フルカラーで手書きイラストの時点で安い!!
    わかりやすくかわいい!

  • イラストが綺麗。
    1ページ1ページめくるたびに季節が巡るような楽しい一冊。日本に生まれてよかったなぁと感じながら読みました。

    手元に置いておき、季節ごとに読み返したいと思ったので久々に本を購入しました!

    簡単に季節を感じられるレシピやアイデアが満載なので、家族で楽しみたいと思います。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    初心者でも手軽に歳時記を楽しめるアイデア&ヒント帳。
    おうちで四季折々の行事や風習をいつくしむ。
    歳時記のある暮らしで、毎日をていねいに。ゆっくりと。
    お正月や七夕、十五夜などの年中行事はもちろん、伝統を守りながらも「気軽にトライできて簡単! 」な風習や行事を随所に取り入れた、誰でも気軽にたのしめる歳時記の入門書。

    【キーワード】
    単行本・季節・文化・伝統・歳時記


    +++1
    ++1

  • おもしろかったー
    歳時記ブームなので2冊目

    隅々まで(さらっとだけど)読んだ
    いろいろ勉強になったけど頭にいまいち入ってないのが残念(笑)

    旬の食べ物とか食べたい!と思った

  • 日本の季節感や季節の行事、行事に関連する話、レシピ、飾りなど、あったかいイラストつきで分かりやすくかかれています。
    何気ない毎日を大切にしたい方にお勧めです。

  • 年間を通して、日本の四季とそこにまつわる行事を愉しむための一冊というべきなのでしょうか。
    二十四節気とそこに後々追加された、雑節については何となく知っていました。
    ただ、どうしてやどういった意味があるのかは知りません。淡々と、そういうものなのだと送ってきた日々が勿体ないのだと訴えかけてくる。
    歴史に的にこうだ、やこういったことがきっかけで。という記載はないのでもっと深く突っ込んで欲しい人には向きません。
    たくさんの項目があるため、どれもさらっと流されてしまいますがこの値段で年間行事やそれを彩る料理のレシピ、風呂敷の日常的な活用法、折り紙の行事飾り等々盛りだくさん。

  • ちゃんと季節に合った挨拶をするには、歳時記を用意しなきゃネ。。。

    イラストレーターさとうひろみ *white-eggs*
    http://www.white-eggs.com/

    サンクチュアリ出版のPR
    http://www.sanctuarybooks.jp/book-details/cate00016/book647.html?&utm_medium=web&utm_campaign=web&utm_source=bookpage

  • 展示分
    資料ID:80012539
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • nhkで紹介されてました☆

    内容は24節季を紹介し、歳時記を楽しむための豆知識やアイテムを紹介してます。
    とっても初心者向きです

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

神奈川県在住。グラフィックデザインの仕事を経て、イラストレーターに。主な作品に著書『大切にしたい、にっぽんのくらし。』、挿絵『名作よんでよんで 世界の昔ばなし20話』など。

「2018年 『3にんのひめと王子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さとうひろみの作品

大切にしたい、にっぽんの暮らし。を本棚に登録しているひと

ツイートする