オリンピックはなぜ、世界最大のイベントに成長したのか

制作 : Michael Payne  保科 京子  本間 恵子 
  • サンクチュアリ出版
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (478ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861139185

作品紹介・あらすじ

ほとんど破綻状態にあったオリンピックが、すぐれた洞察力を持ち、ときに頑固なまでの意思を持った指導者の手で、どのようにしてどん底から這い上がってきたのか、どのようにして独自の企業マーケティング基盤を構築してきたのかを克明に記す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オリンピックというブランドを成長させるためにIOCがいかにマーケティングを行ってきたかの内幕ストーリーです。理念とビジネスがどちらがアクセルでどちらがブレーキがわからなくなるくらい縺れ合う歴史です。面白過ぎます。北京大会に至るまでしか書かれていませんが読むと最近のTOKYO2020組織委員会と小池都知事とIOCの関係がよくわかります。この本に登場するスポンサーに比べ日本のビジネスが大人しい感じを受けるのは日本企業だからか?それともそれとオリンピックを使い慣れていないからか?それでも2020年は日本の産業の未来に大きく影響すると思います!

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA86906071

  • マーケティングの本でした。。。

    ただ、放映権ビジネスの状況が書かれてあって、その点がおもしろかった。
    学術書ではなく、「読み物」って感じです。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする