三国志男 (SANCTUARYBOOKS)

著者 :
制作 : しりあがり寿 
  • サンクチュアリパプリッシング
3.88
  • (44)
  • (41)
  • (47)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 256
レビュー : 68
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861139208

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三国志ファンならこの本を理解できるに違いない。
    しかも感激するのだろう。

    でも、レッドクリフを映画で見ただけの私は
    ほんの数人を知っているだけなので、
    いまいちよくわからない。

    ただ、作者の珍道中がとてもおもしろかったので、
    そこは十分に楽しめた。

    知り合いがこの本を貸してくれたのだけれど、
    自分では読もうとしないタイプの本だったので、
    読んでよかった・・・

  • 何かを好き過ぎると笑いに走りたくなる人種にはお勧め。

  • 実際に史跡を訪ねまわる筆者の行動力には説得力と楽しさがあります。
    現実にないものでも観光地にしてしまう中国の大らかさ!

  • 非常に読む人を選ぶ本。横山三国志、光栄の三国志等にハマった人なら笑えるが三国志に興味ない人には全然わからないだろうなぁ…

  • ゴキブリの写真さえなければ星5にしたいくらい楽しい本でした。なぜわざわざ(モザイクかかってるけど)拡大してまで載せたんですか。

  • 大学時代によく通っていた本屋で、横山三国志のとなりにあたかもセットのように置いてあったのを思い出す。
    最近書店に行って見つけたので、電子書籍で買ってみたところ、予想どおり(?)面白い本だった。横山三国志好きは是非一読を。

  • 2008年5月25日、初、並、帯付
    2015年5月31日、津BF

  • ■ 14176.
    〈読破期間〉
    2014/8/31~2014/9/4

  • 三国志の遺跡を巡る爆笑エピソードがテキスト系サイトっぽいテイストで盛り込まれています。三国志を読んだことがある人ではないと理解できない話がです。三國無双をやっている人も理解できそうです。

  • 文章こそ乱暴ですが三国志に対する愛と行動力には嫉妬すら覚えます。すごいなあ、うらやましいなあ。
    日本史の史跡はめぐりますがなかなか他所の国でこうはできませんね。各種の史跡へのツッコミは的確だと思いますよ。乱暴です、乱暴ですが人に「読んでみろよ」と勧めたくなる本。それは良著なんですよね。え?これが?(笑)

全68件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1976年静岡県浜松市生まれ。中程度の引きこもり。ニートの現状を憂い一念発起して旅に出かけ、帰国後Webサイトで各方面の旅行記を発表。常識に囚われない独特の書き方が話題を呼び、トータル50万ヒットを超える人気サイトとなる。著書に「中国初恋」(幻冬舎)、「三国志男」(サンクチュアリ・パブリッシング)がある。

「2009年 『インドなんて二度と行くか!ボケ!! …でもまた行きたいかも』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三国志男 (SANCTUARYBOOKS)のその他の作品

三国志男 Kindle版 三国志男 さくら剛
三国志男 (幻冬舎文庫) 文庫 三国志男 (幻冬舎文庫) さくら剛

さくら剛の作品

三国志男 (SANCTUARYBOOKS)を本棚に登録しているひと

ツイートする