天顕祭 (New COMICS)

著者 :
  • サンクチュアリ出版
3.59
  • (36)
  • (105)
  • (115)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 609
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861139215

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヤマタノオロチ神話、原爆後を連想させる汚染された地、鳶職、神事…と、日本人の感性に訴えるモチーフでもってぐいぐい引き込まれる物語。全編に漂う不気味な雰囲気が、たまらなくぞくぞくさせる。でもこれ、ラブストーリーですからね!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「たまらなくぞくぞくさせる。」
      ブクログを、何となく眺めていると、こんな風に全く知らないけど、ゾクッとして読んでみたい!と思わせる作品と出会...
      「たまらなくぞくぞくさせる。」
      ブクログを、何となく眺めていると、こんな風に全く知らないけど、ゾクッとして読んでみたい!と思わせる作品と出会えるから嬉しい。。。
      2013/01/16
  • ものすごい発想力と構成力。

    同人誌で、デジタルで描いてるようで、絵が見難かったりもしますが、中身がすごい。

    帯で上橋さんが絶賛してるのに今気づきました。
    重厚な一冊。

  • 近未来、「汚い戦争」で汚れた地上に根強く残る、形を変えたヤマタノオロチ伝説。祭りでクシナダ姫を務めるはずの少女は、名を変え、なぜか鳶として働いていて――。
    ところどころわかりにくい部分もあったけど、読み直してほぼ解消。風の谷のナウシカを思い浮かべるとすんなり読めるかも。
    震災後だからか、よけいに身につまされる。つまりはそういうことだよね。創作上とはいえ(震災前に描かれたのだしこのマンガにまったく罪はないけど)、事実と重ねると本当にやりきれない。

  • 面白かった!
    白井弓子さん好きだなーと。

    話はすこし解りにくいので、
    一回目は流れを掴むためにざざっと。
    じっくり読むのは二回目からがお勧め。
    分からない単語も多いから、
    一回目から理解するのは難しいと思うんだ。

    有川浩さんが好きは結構好きなんじゃなかろうか。
    ストーリーは押さえてありながら、
    きちんと少女漫画してるっていうバランスが。
    あと、後日談はかかせないよね!

  • ヤマタノオロチやスサノオノミコトなど日本神話の要素と、汚い戦争と呼ばれる出来事と、フカシと呼ばれるその戦争の名残たち。大きな世界をとりこむすべてがひと組の男女の関係で帰結するという…壮大すぎて。でもなんか雰囲気すごいよかった。映画?っていう。

  • 元々は同人誌で描かれていたものとは…凄い物語構成力だ。

  • 2017年10月8日、値下げ中。

  • アイデアやストーリーは良いし、神話と絡めてこっているので面白いと思う。
    コマわりや台詞が急で、何を語っているかがわかりずらいところが多く、ストーリーが複雑に見えてきてしまうところがあった。もう少し枚数を増やしてもよいので、緩急をつけて丁寧に説明した方が良いと思った。
    絵も書き込みが多いが少しシンプルにした方がわかりやすい。ポイントとなるところとあまり必要ないところのメリハリをつけたほうが良いと思った。

  • こういう日本の民俗学っぽい雰囲気は好き嫌いが分かれると思うけどなかなか面白かった。
    オチだけは読めちゃうのが残念ですが。

  • 絵は荒々しいですが瞳に力のある描き方で、コレが描きたいんだっ!って勢いに満ちています。
    古事記の話を絡めつつ、汚染の逃れられない残酷さと、吸引力の強いロマンスが展開されます。

    ヒロインが竹で組んだ足場で働くトビになってたりと、気取らない男前なキャラクターなのがよいですね。

全84件中 1 - 10件を表示

天顕祭 (New COMICS)のその他の作品

天顕祭 Kindle版 天顕祭 白井弓子

白井弓子の作品

天顕祭 (New COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする