行動力・力 (Sanctuary books)

著者 :
  • サンクチュアリパプリッシング
3.63
  • (20)
  • (50)
  • (33)
  • (7)
  • (5)
本棚登録 : 307
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861139338

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やりたいことも、やってみたいこともたくさんある。
    でも「やる」と決められないのはなぜ?
    新しい行動を起こすのは、いつだって面倒くさい。
    (でも快感と成長は、いつだって新しいことをした後に手に入る。)
    【本書帯より】

    その通りである。

    それには私かこうするという指針=マイ・クレド(自分自身に対する宣言)が大事だという。
    というか、それを持ちさえすれば良いのだと。

    ハイテンションですすむ文章と写真の構成にどんどん、どんどん引き込まれます。最後には何か成し遂げなくてはという焦燥感を与えてくれて、きっと何かを成し遂げられるという気持ちにさせてくれる本。

    根拠はいらない。
    重要なのはそれが I believe(確定的な根拠がない中で信じられる)
    かどうかということだ。

    どれだけ照れずに日本一を語れるか。

    努力しろ。自己満足のために。

    等々、結構己が感じていることが言葉になっていました。

    周囲に気持ちを共有してくれる子がいないなぁと思って、
    「自分は馬鹿なのか?」とも思いましたが、
    志に関してはきっと僕は僕のままでいいんだと思いました。

    さぁ、やるぞーー!!

  • 何かを始めるときにはだいたい「めんどくさい」という感情がついて回る。しかし「めんどくさい」の先には「成長」や「わくわく」があることも確かだ。そこで「めんどくさい」のハードルを下げ、行動に移しやすくするための方法をポップに紹介したのが本書。とりあえず「マイ・クレド」を作るところから始めてみては。

  • 2016/11/2

  • 上がる。エネルギー量がすごい。

  • 新しい行動を起こすには?

    →自己満足のために努力する

  • あまり良書とは思えなかった。
    理由は三点あり、一つ目は内容が薄いく一ページが一行だけのときや写真が多かった。伝えやすい工夫ではなくオシャレを気取ったものであったように感じた。帯を見て買うことを決めたが後悔した。内容も別段良いと感じなかった。

  • ■マイクレドのススメ。

  • 140224読了。021

  • 新しい行動を起こすのはいつだって面倒くさい

    でも快感と成長はいつだって新しいことをした後に手に入る

    やりたいことは楽しいが面倒くさい

    ワクワクする方を選ぶ

    手間を惜しまない

    遊び心を忘れない

    妥協と戦う

    自己満足の為に努力する

  • この本3~4回読んでいるけど、テンションあがります。諦めないで、色々考えることの大切さを教えてくれます。
    楽しんで仕事をしなくてはと感じます。

全44件中 1 - 10件を表示

大橋禅太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
フィリップ・マグ...
ブライアン・トレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

行動力・力 (Sanctuary books)を本棚に登録しているひと

ツイートする