ダメなパターンから抜け出すためのちいさな工夫 (Sanctuary books)

著者 :
  • サンクチュアリ出版
3.66
  • (13)
  • (20)
  • (25)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 257
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861139529

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日頃のちょっとした心がけが、
    いくつも紹介されています。
    身近な例なので、実際に日常生活で使えそうです!
    本に書いてあることを実践できたら、
    生活習慣の改善になりそう。

  • 「HOW TO 本」の中では、とっても読みやすくて、実践しやすい本だと思います。

    絵があるのも、うれしい!すぐに読めてしまいました。



    ・メールのチェック時間を決めて、それ以外はパソコンをオフにする

    ・1日1時間、ひとりになる方法を考える

    ・大事なのは、「緊急ではないが重要な仕事」



    ・・・などけっこう自分でもやっていたことが書いてあってうれしかったです。

    まぁ~これも今まで読んできた本の積み重ねですね(ニヤニヤ)



    失敗を避ければ避けるほど、失敗に対する「恐怖」ってどんどん大きくなっていく。

    あとあとまで大きな影響を与える失敗なんて逆にするのが難しい!



    ・・・・という言葉はけっこう勇気づけられました。



    これから仕事が大変になる時期ですが、こんな「小さい工夫」を繰り返していくと

    仕事が本当に楽しくなりますね。

    オススメの1冊です!!

  • 新しい習慣について知りたくて読書。

    自分との約束を守る。大切にする。
    やる氣が出ない。モチベーションが上がらないときは体を動かす。
    起こりもしない不安を感じるときは書き出してみる。
    締め切り1日前には終わるようにデットラインを設定する。
    利き手ではない方を意図的に使う。

    本書の内容は、きっと1度は、見たり聞いたりしたことが多いと思う。50のうち現状で変えないとっと氣づきが3つでもあればいいと思う。

    サクサクと氣軽に読めるのもいいので、ハウツーものとしてプレゼントしてもいいかも。

    読書時間:約30分

  • ダメなパターンから抜け出すのは決して難しい事ではありません。

    当たり前のことをひとつひとつ丁寧にこなしていくことが大事です。

    イラストが豊富でとても読みやすくていいですね。

  • ①すぐやる

    ランチは10秒で
    自分が選んだことは、自分を満足させれば事足りる
    決めることは、前進すること
    即決が判断力を上げてくれる

    ②いいわけをしない

    ない、と言ってしまったら、そこから先はない
    どうすれば出来るかを、箇条書きにして、自問してみれば方法はある

    ③先を読む

    スケジュールの前後3ヶ月をみる
    一つ一つの、フォローは出来ているか、次のアクションはなにかを考える

    ④信頼を得る

    期待<結果=満足
    仕事でも、ギリギリの約束をしないで、余裕を残しておく
    1日の中に、予定のない時間を一時間確保
    少しだけ、サバを読む

    ⑤時間がかかることに手をつける

    一部だけしかしないようにする
    細分化して、どれだけの期間でするかを計画を立てる

  • 4コマ漫画で読みやすい。すぐ動く。感謝の気持ちを大切に。10秒で決断。

  • ビジネス本とは知らず中身を確認しないで買った本
    読んでビックリ!!(@Д@;
    でも日常の生活でも役に立つこと書いてあるからいいなか?
    と、自分を慰める

    一つの項目に4こまマンガ付きで簡潔に説明
    とても読みやすい
    ただ読みやすい分簡単に忘れてしまいそうになる私σ(^∇^;)ははー

    当たり前って言えば当たり前の事なんだろうけど
    その当たり前の積み重ねが大事なんだろうね

    *ありがとうを伝える=ありがとう、と言うことを有り難くしない
     『ありがとう』は自分を癒す言葉

    *親を大切にする=今の自分がいるのは親がいてくれたから
     一番の親孝行は自分が幸せになることだ

    *すぐやる=即決が決断力を上げてくれる
     決めることは前進すること。判断力は行動力に繋がる

    *くよくよしない=問題を大きくするのは自分次第
     『これは大きな問題?』と自分に聞いてみる
     すでに起きたことは仕方ないのでありのまま受け入れる

    *失敗を恐れない=恐怖って結局自分自身で描いていくもの

    *まわりに流されない=それは単なるひとつの見方

    ↑の様なことが書いてある
    どちらかと言うとビジネスマンじゃなく中高生が読んだ方が為になる本

  • 簡単なキーワードで役に立つことが書かれている。

  • がんばり屋さんなほど、大きな成果を上げないと、それは成果では思いがちなのだろうか?と最近よく思うことがあり読んだ一冊。

    大きな成果でないと、それは成果でないと思う人は、頑張っているのに、それを改めて自分のパワーに変えれていないようにも思うんです。

    そんな悪いパターンから抜け出すのにぴったりな『ちいさな工夫』

    悩んでいる方に素敵な一冊だと思います(^-^)/

  • ダメなパターンから抜け出すための工夫が50も紹介されています。「そうそう」とか「あるある」とか思いながら、あっという間に読んでしまいました。いくつか実践したみたいこともあったり。「当たり前のことをバカにせず、ちゃんとやること」・・・大変身に染みるお言葉で。

全30件中 1 - 10件を表示

プロフィール

株式会社ハイブリッドコンサルティング代表取締役CEO。複数の企業の経営に携わる傍ら、著者としては、『残業ゼロ! 仕事が3倍速くなるダンドリ仕事術』(明日香出版社)をはじめ数々のベストセラーをリリース。仏・シャンパーニュ騎士団オフィシエ、20年以上続ける音楽活動、複数のNPOの理事、そして父親としての顔など自らがダンドリ仕事術を実践し人の3倍以上の生産性を上げる日々を送る。著者ツィッター:http://twitter.com/Yuuki_yoshiyama

吉山勇樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
ロバート キヨサ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ダメなパターンから抜け出すためのちいさな工夫 (Sanctuary books)を本棚に登録しているひと

ツイートする