動きたくて眠れなくなる。 (Sanctuary books)

著者 :
  • サンクチュアリ出版
3.68
  • (43)
  • (52)
  • (48)
  • (19)
  • (3)
本棚登録 : 621
レビュー : 68
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861139680

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ちゃんと言葉にする」ことの重要性を教えてもらった1冊です。
    本のまとめ、ブログは以下に載せています。

    http://kashiwabaray.com/blog/index.php?itemid=48&catid=2

  • 眠れなくはならないが、やってみようと思えることは多い。
    自分が悪いわけでなく、行動が悪いんだということが
    改めて腑に落ちて、心が楽になった。

    【経緯】
    本屋で気になり、図書館で予約。3名ほど待ったあとに順番。

    【内容】
    キャッチーな単語でカテゴライズされたいくつかの行動パターンを
    もとに、その具体的な内容について記述。

    【所感】
    やってみようと思えることも多かったが、キャッチフレーズと具体的な内容とまとめの一言がうまくつながっていないことが多く、?な部分もあったことは事実。
    まとまってなかったり、別の意味になっていたり。
    これは編集の問題?

  • そもそも夜に読んだが間違いか(笑)

    わかりやすくて読みやすく、ワクワクする一冊です( ´ ▽ ` )ノ

  • 身につけたいことが多い。何回か読む予定。

  • アンソニー•ロビンスやピーター•セージの本も読んだが、翻訳本だからかなんとなくしっくりこなかったことがスッキリした。

    p.161
    人生は自分探しの旅ではなく、自分を作り続ける旅なんだ。

  • なぜ出来ないのか。

    どうすれば出来るのか。

    わかりやすい説明でした。

  • 自分を変えたくなって、まず自己啓発本分アレルギーから見直してみようと思い、手に取った自己啓発本第1弾。
    字が大きくてサラサラ読めます。真面目に読もうとしなくても頭に内容が入ってくるのは楽でよいです。
    内容的には29ある見出しのうち4つぐらいは記録したいなと思いました。6つのニーズの話は、自分のことも他人のことも、これを意識しながら観察できれば少し冷静になれるかもしれない。
    根拠がよくわからない、それができたら苦労しないぜって部分もあるけど、比較的精神論よりは分析的で納得できます。

  • 被害妄想の激しいあの人に読んでもらいたいと思った。感情はコントロールできる。

  • 池田氏のメルマガを何回か読んでて、是非本を読みたくなった。かなりそそられるタイトルでもあるし!
    内容は、メルマガを加筆修正したような感じで、テーマごとに分かれているが、それぞれが密に関連しているというわけでもない。まあ、前向きになるにはどう考えたら、どう理解したらよいか、という意味では全てがそこに結びつくわけだが。
    池田氏の文章は読みやすく、例が豊富で分かりやすく腑に落ちやすい。とても共感できるので、その考え方や物事の捉え方は本当に参考になる。
    ズバリ、このタイトルに直結した話ではないが、各々が参考になるので再読必至。
    池田氏の他の作品も、早速アマゾンで発注!

  • 臨床心理っぽい対処法でやる気をだす。何度も再読して血肉化すべき

全68件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

株式会社オープンプラットフォーム代表取締役。起業家・経営者向けのスクールを主宰。成果を上げる「感情と行動をつくる心理学」と、東洋の「人間力を高める学問」を統合した独自のメソッドが注目を浴びている。

「2015年 『決断力の磨き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

動きたくて眠れなくなる。 (Sanctuary books)のその他の作品

池田貴将の作品

動きたくて眠れなくなる。 (Sanctuary books)を本棚に登録しているひと

ツイートする