自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)

著者 :
  • サンクチュアリ出版
3.76
  • (179)
  • (239)
  • (207)
  • (49)
  • (14)
  • 本棚登録 :2277
  • レビュー :271
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861139710

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やりたい仕事を手に入れるために、時にはハッタリも必要
    ただ作業を楽観的に見て早めの納期を約束してしまったり、本音では無理かもと思いつつ「できます」を言ったりしてしまえば、それは、約束した時点ですでに信頼を裏切っていることになる。
    →抱えている仕事の量と心配事を常に書き出し見える形で把握。

    「人は一生なんでもできるが、すべてはできない」
    本当にこなせる人はなんでもかんでもこなせる人じゃない。
    目の前の仕事から好きになれるところを見つけて、それを自分らしく、迷わず、愚直なまでにやり抜ける人の事だ。自分にはこれしかないということを、否定もせず、悲観もせず、ただひたすらにやり続ける。

    生活に疲れてくると頭の中に嫌な言葉が充満してくることがある。
    「なんで自分ばっかり」「あのひと言が許せない」「なにがこんなにイラつかせるんだろう」
    そういう攻撃的な言葉は自分の中に染み込んで、ますます乱暴な雰囲気を作り出していく。
    →今いる場所から脱却すること。
    一旦今やっている事を立ち切って、外に飛び出してみる。外気を思いっきり吸いこんで、夜空を見上げる。

    なじみのグループから離れるのは、引け目や罪悪感、せつない気持ちも生まれるだろう。
    その感情と、どう向き合えるが、より自由に生きるための試練だ。
    今いるところが、世界のすべてだと思ってしまいがちだ。
    だが地球はでかい。もっとワクワクする世界は無限にあるんだ。

    自分はいったい誰を大切にすればいいか。
    それは、「自分の為にリスクを引き受けてくれた人だ」
    時間、パワー、お金を惜しげもなく使ってくれた人。 
    古来、その人のことを“恩人”と呼ぶ。
    いくら周りから反感を買っても気にすることはない。

    「すいません」の盾をすてる。

  • あなたの自由を奪う”やるべきこと”は自分の外側で勝手に増えていくが、人生を解放してくれる”やりたいこと”は自分の内側から生み出すしかない。

    言葉の勉強です。
    シンプルな杖を手に入れるために。

  • 自分らしく、自由に、楽しく、生きていくために。捨てることは大事。捨てるとは選ぶこと。残すこと。でも、捨てられるようになるために、まずは自分のなかにそれだけのものを持つことも大事。

  • 最初の見出しと中味とまとめ?で
    少しずれてるものもあった気がしますが
    やってみたいと思えるものもありました。
    ひとつひとつが短くて読みやすかったです。

    メモ
    07「なんでもいい」と言う癖を捨てる。
    あらゆるジャンルの好きなことと、好きなものリストを作る

    14ToDo(やるべきこと)を捨てる。
    大切にすべきはToDoリストではなく"やりたいことリスト"
    行きたい場所、会いたい人、観たい映画、なんでもメモって、リストにまとめる
    「どうすれば不安がなくなるか?」から「どうすればもっとワクワクするか?」へ。

    17決め付けを捨てる。
    ジブンルールを見直す
    「こうあるべきだ」から「こうしたい」へ。

    19先送り願望を捨てる。
    もっとも勇気を要する"最初の一歩"には全行程の半分以上の価値がある
    「気が重いからやめよう」から「やってみたらわかるだろう」へ。

    21深夜を捨てる。

    24ワンパターンな日常を捨てる。
    毎日少しだけ、生活パターンを変えてみる。
    「なんかいいことないかな?」から「今日はどんな楽しい一日にできるだろう?」へ。

    34ときどき"他人の目"を捨てる。
    「どう思われているか」から「いかに伝えたいか」へ。

    48あきらめを捨てる。
    とにかく衝動を行動にうつす。
    「やりたいと願う」から「やりたいことを忘れない」へ

  • 読者がどう解釈するか。
    内容そのものが良いか悪いか判断のしにくい本。

    人間、結局は自分本位。
    だけど、どう上手に生きていくか。
    その方法を模索する上での参考になるような本だと思います。

  • 人間関係やお金・・・捨てるものって意外と多い。
    これから少しずつ捨てていこう。

    断捨離!!!!!

  • いつも沢山抱える僕が、手に取ったこの本。今の僕の現状とは真逆の立場にいる人の考え方を知りたくて、友達に借りた。勉強になったとともに、今の僕の生き方に対しても自分が湧いた。

    人はいつだって自由なのに、何かをやる度に、どこかに所属する度に、年を経る度に、どんどん荷物を背負っていつの間にか身動きが取れなくなっていく。そんなときは、思い切って荷物を捨てる、そんなことが書かれている本。
    以下、気になったことをピックアップ。

    ○古い地図を捨てる。
    目を閉じて、頭を空っぽにして、心の耳で聴け。
    「今までどうだったか?」から、「今どう感じているか?」へ。

    ○先送り願望を捨てる。
    小さなハードルから始めよう。ハードルは跳べるときに跳ぼう。もっとも勇気を要する"最初の一歩"には全行程の半分以上の価値があるんだ。「気がおもいからやめよう」から「やってみたらわかるだろう」へ。

    ○なじみを捨てる。
    なじみの仲間との気を使わなくていいひとときには、やすらぎがある。でも、いつかはその"なじみ"を捨てるべきときがくる。
    「あのときはこうだったな」から「さあ、いこう」へ。

    ○遠慮を捨てる。
    仕事に正解はない。たとえ、経験が浅くても、(これっておかしいんじゃないか?)という小さな声が聞こえたら、たとえ場の空気を壊してでも、遠慮せずに思ったことを伝えよう。
    「間違うのが恥ずかしい」から「間違うほど成長する」へ。

    ○会社への忠誠心を捨てる。
    大切なことは、他にも道があるという精神的なセーフティネットを持つこと。大好きなことをきわめていくと、それを"誰かに教える"ことが仕事に変わる可能性がある。最初の小さな一歩を踏み出すことで、また次の一歩が見えてくる。大切なことはハンパなく、とことん好きになること。そして、表現すること。
    「会社でどう役立つか」から「世の中でどう役立つか」へ。

    今まで以上に、自分の"らしさ"を追求して生きたい。
    最後に、
    ステキな本に巡り会わせてくれた友達に感謝、ありがとう。

  • 自分を活かし、自分の夢を実現するための手段が書かれている本だと思いました。

    四角さんの温かい人間性が詰め込まれているなと思います。

  • 物、人、時間。
    要らないのに、無駄に所持しているもののなんと多いことか。
    必要ない物を捨てる。
    自分にとって特別な、「恩人」以外を捨てる。
    受け身な時間の使い方を捨てる。
    すると自由になれる。本当の自分らしさを持てる。

    ・・・とはいっても、実際やろうと思うと難しいかな。
    ものを大切にしましょう、人とのつながりを大事にしましょう、と言われてきたんだもの、いきなり捨てろと言われてもなかなか・・・ねぇ。
    自分にとって何が大切で、何が大切でないか。それを見極めるのは、著者が言うほど簡単ではない気がする。
    特に人間関係なんかは、すっぱりバッサリ切り捨てるには重すぎる。でも、だからこそ、それをきちんと行えるならば、すごく身軽に、自由になれるんだろう。

    もうすぐ2012年も終わりだし、多少なりとも捨ててみようかと思います。

  • amazonレビューは高いけど、この本をすべて読む前に、まず知っておくべき前提条件がある。

    ・四角氏は凄腕の音楽業界プロデューサーだった
    ・同氏は何かを捨ててもありあまる才能を努力とセンスで身につけた
    ・凝り性で継続力があった(体調壊しながらも15年勤めてる)


    つまり、三日坊主な人や継続力がない人には全く以って意味の無い本。それに気づかせてくれるだけでなら、するべきことは2つでいいと思う。

    ・決断したら、逃げ道を作りながらでもいいからやりぬけ
    ・不要と思ったら迷わず捨てて、必要なものは迷って買え

    誰もが出来るわけではないものの、自分の意識を改革するための基盤となる本であることは確か。
    「こういう生き方もあるんだなぁ」と感じ、良いと思った所を自分の生き方に組み込むのが一番効率的だろう。

全271件中 1 - 10件を表示

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)のその他の作品

四角大輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
デール カーネギ...
佐々木 圭一
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)に関連するまとめ

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)に関連するサイト

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)はこんな本です

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)を本棚に登録しているひと

ツイートする