双子座の君へ 双子座の君が、もっと自由にもっと自分らしく生きるための31の方法 (12星座の君へシリーズ)

著者 :
  • サンクチュアリ出版
4.40
  • (22)
  • (12)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 107
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861139826

作品紹介・あらすじ

立ち止まるな、動き続けろ。双子座の君が、もっと自由にもっと自分らしく生きるための31の方法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さらさらと読めるけど、なんだか元気になる言葉たちが並べられた1冊。
    いろいろと悩んで、二進も三進もいかなくなって、でも希望を見つけようとしているいまだからこそ響くのかなと思う。

    それにしても、12星座のうち、本棚に登録してる人数も、評価も、他の星座に比べて多いのが少し興味深い。やっぱ星座って…なんかあるのかな?たまたまなのかな?笑

  • アンテナが赴くまま、動き回れ。
    あなたを縛る物はなにもない。決まった場所、決まった夢なんてないんだ。何も染まらず、とらわれず、つねに自由でいることが、あなたを成長させる。
    双子座は生まれながらにいくつもの矛盾を背負っている。

  • 同じ誕生日の有名人、
    マリリン・モンローの言葉が
    一番心に突き刺さった!

    たとえ百人の専門家が、
    「あなたには才能がない」
    と言ったとしても、
    その人たち全員が
    間違っているかも
    しれないじゃないですか。

    思い悩んだり立ち止まったとき
    この言葉を思い出してみよう。

  • 自分の中の二人の自分、います。
    具体的に考えてみました。
    一人は、はしゃぎ回ることが好きで気が小さい者(女)
    反対は、冷静で合理主義な者(男、イケメン笑)
    この2人を使い分けるということが、いろいろな事へのヒントになりそうです。

  • 心が疲れるとついついこの手の本を買ってしまいます。
    元気が出ました。
    しかし、半分くらい、全く双子座らしくない、物事に執着する性格の自分です。半分は合っているのですが。
    …はっ、これも双子座の二重性?!

  • さくさく読むのに楽しかった。自分の中にいつも矛盾があって苦しかったけどなんかスッキリした。何の本でもそうだけど、このまんまの自分でいいんだ!って、思わせてくれる、そーゆー本が好き。

  • ただの占い本だろうと手に取ってみたら、それとは一味違っていた。本来の自分ってどうだったっけ?周りに合わせて生きてるけどこれでいいのかな?そんな気持ちをこの本が理解してくれていると思わせる、自由を取り戻させてくれる本。
    私のバイブルです。

  • やる気がすごくでる本⭐️

  • ただの占い本、と手にとってみたら一味違いました。本来の自分てどうだった?周りに合わせてるけど、これでいいのかな?そんな気持ちを理解しているかのように、自由を取り戻させてくれる。今ではバイブルです。

  • 2012.12月中旬

    まず写真が素敵。
    そして言葉に勇気づけられる。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

心理占星術研究家・翻訳家。タロット占いにも通じ、ユング心理学を交えた占い・解説で知られる。著書に「タロットの秘密」(講談社現代新書)、「十二星座の君へ」シリーズ(サンクチュアリ出版)、「占星術の文化誌

「2017年 『決定版ルーン・オラクル占術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鏡リュウジの作品

双子座の君へ 双子座の君が、もっと自由にもっと自分らしく生きるための31の方法 (12星座の君へシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする