蟹座の君へ 蟹座の君が、もっと自由にもっと自分らしく生きるための31の方法 (12星座の君へシリーズ)

著者 : 鏡リュウジ
制作 : 鏡リュウジ 
  • サンクチュアリ出版 (2013年4月23日発売)
3.67
  • (6)
  • (3)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :61
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861139833

作品紹介・あらすじ

誰かのためなら強くなれる。蟹座の君が、もっと自由にもっと自分らしく生きるための31の方法。

蟹座の君へ 蟹座の君が、もっと自由にもっと自分らしく生きるための31の方法 (12星座の君へシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私のとは違って、こちらはなんとなく、「あてはまるなぁ」って感じるものが多かった気がする。


    誰かのためなら強くなれる

  • 言っていることは1つでそれを手を変え品を変え読ませてる感じ
    仕事に疲れた時のヒントとしてはある程度有効?

  • 以前も、星座の本買ったけど
    また、ついつい買っちゃった。
    生き方のヒント満載。
    悩んだときにも、いいかも。
    「誰かのためなら強くなれる」
    そう考えると、納得。
    誰かが喜んでる、助かってる、
    と思うと、しんどくない。
    One for all ,all for one
    ファミリーのような、チームを
    作ることが大切 なんだって。
    確かに、アットホーム的なところとか
    チームワークとか、家族ぐるみ
    みたいの、すごく好きだ。

    すごいな、この本。

  • 意外に当たっているというか、ぴったりとはまってくる感じがする。それなりにその人の性質は星に影響されるものなのか。
    自分の思うところをそのまま後押ししてくれている感じがして心強い。私が考える方向が間違っているわけではないんだな。

  • 帯の双子?の女の子が可愛いです。
    蟹座の今年の運勢がどうとかいう内容ではなくこうゆう時はこうするといいかも。という内容。
    各章の最後に名言が載ってますがもうちょっとあっても良かったかなと思います。
    ちょっとした気分転換にいいかもしれません。

  • 蟹座の生体。

全6件中 1 - 6件を表示

鏡リュウジの作品

蟹座の君へ 蟹座の君が、もっと自由にもっと自分らしく生きるための31の方法 (12星座の君へシリーズ)はこんな本です

ツイートする