獅子座の君へ 獅子座の君が、もっと自由にもっと自分らしく生きるための31の方法 (12星座の君へシリーズ)

著者 : 鏡リュウジ
  • サンクチュアリ出版 (2013年6月24日発売)
4.04
  • (7)
  • (11)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :72
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861139840

作品紹介・あらすじ

「当たってる」で終わらない、獅子座の君の背中を押してくれる31の言葉。

獅子座の君へ 獅子座の君が、もっと自由にもっと自分らしく生きるための31の方法 (12星座の君へシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今の自分に大切なこと、これから軸にしていきたい考え方…今だから響く部分がちがって、アツくなりました…!(*´Д`*)
    いろいろ考えて、動いていきます!!

  • 私は今全く自分に自信が持てないが、獅子座は自信を持ったら強いらしい。
    まずは自信を持てるようにならないとなあ。

  • カミさんからの誕生日プレゼント。
    「君にしか生きられない人生を生きろ!」とのコピーは応援メッセージのようであるが、「自分が自由に生きたい」との深読みをしてほしいとの叫びなのかもしれないと思うと、ちょっと複雑な心境で、どうも集中して読めそうもない。

  • よくある当たるだけの星座の本ではなく、その星座の人の特徴を掴んだ人生頑張れ本。サンクチュアリ出版ならではのかっこいいテイストも最高で、見ると勇気や元気がもらえるので、枕元に常時置いておくことにして、家族全員の分も購入したし、友人へのプレゼントにもしていくつもり。すっかりお気に入りです。

  • そんな輝く存在の特別ではなく
    普通の特別でいいと思う。

    他人の情報をシャットアウト
    自分らしさをシンプルに選ぶ
    愛される変わり者であれ

    共感した。
    とりあえず、自分の好きなこと好きなだけやってやろう。

  • こういう類いの本って好きじゃなかったんだけど、
    読んでみると、
    私が今どうするべきかわかり、
    私がどういう人なのかを客観的にとらえることができた。

    最近は辛いことばかりで、時に嫌になったりしてたけど、
    私は、私だってことに気づいた。
    こんな卑屈になることなんてないし、
    小さくなることもない!
    もっと、おおきく羽ばたこう!と思えた本でした♪

  • 鏡リュウジ氏の本。これで何気に3冊目っす。
    本書は僕がどーのこーの言うよりも帯が一言で語っています。

    「獅子座の君が、もっと自由にもっと自分らしく生きるための31の方法」

    「当たってるで終わらない、獅子座の君の背中を教えてくれる31の言葉」

    これ以上のなにものでもない本です。
    獅子座とは何か?を少しでも知り、自分と照らし合わせた事があれば、そうだよねそうだよね、そうなんだよね〜、わかっちゃいけるけどさ〜の連続です。
    もしかしたら調子が良い時よりも、最近ちょっとなぁ…と思っている時期に読むと、元気をもらえたり、違う視点をくれたりして良いかもしれません。

    占いを当たる/当たらないだけでしか捉えられないと、まったく面白くない本かもしれませんが、そうじゃない一面ってどういうことなのよ?と少しでも気になるのであれば読んでみると「面白!」と思えると思います。同シリーズで他星座もありますので、是非どうぞ。

全7件中 1 - 7件を表示

鏡リュウジの作品

獅子座の君へ 獅子座の君が、もっと自由にもっと自分らしく生きるための31の方法 (12星座の君へシリーズ)はこんな本です

ツイートする