こどものためのロミオとジュリエット (シェイクスピアっておもしろい!)

制作 : Lois Burdett  鈴木 扶佐子 
  • アートデイズ
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861190872

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子供たちが描いた物語の場面場面の絵が、ヘタクソすぎて、カワイイというか面白いというか、とにかく、笑える。
    古めかしい英語と、日本語が同時に載ってて両方を比較しながら読んでいった。

    シェークスピアの複雑なお話が、あり得ないほど単純化されており、すごいスピードで展開していく。

    特に、ロミオがロザラインに片思いして「この恋がつらくて死にそう」みたいなことを言いながらメソメソ泣いているのに、ページをめくった途端、ジュリエットにモーレツに恋をしていてロザラインのことなんか完全に吹っ飛んでしまっている、という、あまりの変わり身の早さに、笑い転げた。
    早すぎるだろう、その展開は。

    ロミオってチャラい。

  • ロミジュリのあらすじを知るために日本語部分だけを読みました。子供向けだったので読みやすかったです。英文も時折読みましたが、所々単語の意味が載っていて助かりました。

  • Kバレエで見たので復習用に★

    一瞬で読める量でイイわっ♪

    他の作品も子供用ので読もう^^

全3件中 1 - 3件を表示

ロイス・バーデットの作品

こどものためのロミオとジュリエット (シェイクスピアっておもしろい!)はこんな本です

こどものためのロミオとジュリエット (シェイクスピアっておもしろい!)を本棚に登録しているひと

ツイートする