恋をしただけ (ローズキー文庫)

著者 :
制作 : 実相寺 紫子 
  • ブライト出版
3.30
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861231872

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恋シリーズ2作目
    元ホストの企業家×長男院長

    同級生のこの2人の痛々しい恋愛に意外とハマった。。。
    この企業家の鳳がいい男なのに、ツンな院長の静己はキツイ態度。
    そのわけは、借金の肩代わりをしてもらったから、体と引き換えに。

    十年来の親友にそんなことをさせたという後ろめたさ、抱かれた時にベッドサイドにあった指輪を見つけ嫉妬と分からず怒りをぶつけ続ける。

    ちょっと院長のツン度合いがハンパないけど、心情がきちんと捕捉されているからちょっと苦手な受けでも大丈夫だった。
    鳳の大きい愛情も、同級生というどこか恋愛においてマイナスになる要素が邪魔をして静己を意固地にさせる。

    確かに、年下や年上ならもう少し簡単に収まるものも、
    同級生というのはどこか「対等」というものでありたがるわけで。

    ちょいと強引な展開もありつつ、最後はツンデレまでなった静己とすべての愛を注いでいく鳳の男の深さにによによした!

  • ★3つにしていますが、3.5といったところ。それなりに面白ろく読みました。

  • 冷たい美貌の静己は≪はるなペットクリニック≫の院長を務める獣医師。病院と弟たちが何より大事な静己には、元ホストで青年実業家になった無二の親友・鳳がいる。ことあるごとに口説いてくるナンパさとうらはらに弱者への優しさを持つ鳳。静己は誇りに思いつつも、かつて一度だけ交わした鳳との契約に囚われて素直になれない。けれど忘れていたはずの過去がふたりの危うい境界を崩しはじめて……!?

  • すごい遠回りして、やっとくっついた二人という感じ。二人とも素直じゃないから、最後辺りまでずっとウダウダしてて疲れた(苦笑)もっと早くどっちかが折れてたらすんなり終わってたと思う(笑)でもやっぱり動物が出てくるところにはほっこり&和みました。フェネックのアビィ可愛かった〜v

  • いじっぱりらぶですね。いいなあ、このシリーズ。

全5件中 1 - 5件を表示

恋をしただけ (ローズキー文庫)のその他の作品

妃川螢の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする