ワンダーラスト (F-BOOK comics)

著者 :
  • ブライト出版
3.19
  • (5)
  • (7)
  • (11)
  • (7)
  • (2)
  • 本棚登録 :109
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784861232329

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 同窓会で集まった仲間のところに13年前に死んだ仲間の一人から手紙が届いた。人物の区別がつきにくく、1回目読んだ時は混乱したので今回読んだのは2回目。思春期特有の、自己中と共鳴と幼さと危うさ。

  • 電子書籍、初読み作家さん。サスペンス風味な展開で思春期特有の閉鎖的、刹那的な雰囲気が重い感じでした。ラストは光が射したかなという終わり方だったけど全体的にボヤッとした印象が拭えない。絵がちょっと私には苦手だったのと、過去話の時の人物の描き分けがイマイチで、名前(アダ名)と人物がなかなか一致しなく、これは誰?と思う事が多々あったかな。

  • 大人になった男女グループのみんなが再会して、死んだメンバーの1人がいた青春をおいていく系の話好きなんだけど、これBLである必要なくねって思っちゃってうーん。雰囲気はよかった。少年たちの危うさが欲しかったのかな。うーん

  • サスペンス(軽いホラー付き?)で、さすが作者が10代に書いたプロットがベースというだけあって、良い意味で青臭く暗くて、とても多感なティーンエイジャー的話なところがすごく好きです。エンディングの後味も想定よりも悪くなくて、救われました。裏表紙の絵は少し怖いですが!

  • 数年ぶりの同窓会で再会したかつての同級生たちは、
    真夜中に山を目指す。
    中学生最後の夏休みに行方不明になった「ヨリちゃん」からの手紙は「僕の骨を返して下さい」と結ばれていた。
    13年前の夏、ヨリちゃんに何があったのか。
    「引いたら死ぬ」赤い棒を引いたのは誰だったのか。

    サスペンスというとちょっと軽めですが、夏の雰囲気があいまって非常に独特な作品です。
    湿気のまとわりつくあの嫌な感じ。
    中学生ぐらいのあの残酷さとか一途さとか、周りとの軋轢とか……読み終わった後にぼーっとしてしまった。
    エロなシーンはさほどないので、これはBLが苦手な人にも勧められるんじゃないでしょうか。

  • 青春なのかな。

  • タイトルに惹かれて サスペンスってことだったけど、重すぎず、でも軽すぎずな読み応えでBLとしてはこれぐらいが読みやすくて良いと思う 力んで描きすぎるのかちょっと画面は疲れてきちゃうけど 夏の暑い日に汗だらだら流しながら読みたいですね

  • on BLUE中で絵柄とかちょっと登場人物に自己陶酔入ってるなぁ、って苦手意識が先行していたのだが、柳沢ゆきおさんの『ワンダーラスト』、面白かった!行方不明の同級生から届いた手紙、同窓会に集まったかつての仲間たち…BL&ミステリ…on BLUEも読みなおしだ(笑)。ヨリちゃんが死んだ動機は判明するが、手段が判明しないなど、未解決な部分もあるが、そう言う細かい面は気にならないと言えば気にならない。ノンちゃんは無自覚魔性BLびっち認定(笑)。死への憧れみたいなものと、仲間内でのとんでもない約束とか、それを疑うことなく真剣に悩み、思い詰め、実行してしまう10代の怖さが描かれている。好きな子を独り占めする為に命を賭けることくらいしてしまうのが未熟さゆえの強さだ。

全8件中 1 - 8件を表示

ワンダーラスト (F-BOOK comics)のその他の作品

ワンダーラスト (F-BOOK comics) Kindle版 ワンダーラスト (F-BOOK comics) 柳沢ゆきお

柳沢ゆきおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トウテムポール
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

ワンダーラスト (F-BOOK comics)はこんなマンガです

ツイートする