ハッピータイム (ローズキー文庫)

著者 :
制作 : やまねあやの 
  • ブライト出版
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 35
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861232688

作品紹介・あらすじ

ダマされて100万円の借金が出来た七生にポン!とお金を貸してくれたのは、男の色香漂う金融屋の巽だった。返すのはいつでもいいよと言ってくれる優しい巽。割のいいバイトも紹介してくれて、のこのこ付いていくとそこはラブホテルの一室で!?巽を相手にHなビデオをムリヤリ撮られた七生の、巽にいいなりの日々が始まって-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文庫化旧版未読。甘~いお話しでした。七生くんがすごく素直でカワイイ♪ 巽さんがメロメロ~なのも頷けちゃいますね。

  • ★3・2
    ノベルズ版読んでたけどあんまり内容覚えてなかった;当時すごい面白いと思ってたけど、今読むとそれほどでした(苦笑)面白かったけど、まあ当時と好みが変わったんでしょう(笑)なんかやってばっかだなと思ってしまった:同人誌のは特に。

  • 俺様攻めだと思っていたから少し拍子抜けしてしまいました。勝手な勘違いではありますが…。

  • 10年前にラキアから出ていた作品と同人誌の番外編を改稿して、文庫化。
    やまねセンセのきれいなイラストを堪能しつつ楽しく読了しました。

    怪しげな金融業者に100万の借金をしてしまったカタに身体を奪われるという、かつての萌え定番ストーリー。食傷気味の筋立てだなと思ってたけど、意外に面白かったです。
    騙されて借金させられてしまう七生は、自分のダメさ加減を棚に上げて不満ばかり抱え込む、顔だけ男。
    成績のふるわない営業マンのくせに強がってみせるプライドだけは一人前。容姿しかとりえがないと言われる事が我慢できません。

    上司に嫌味を言われた七生は自棄になって深酒してしまい、トラブルになってハメられて町金の巽に借金する事になってしまいます。
    巽は見るからにうさんくさい男だけど、フェロモン垂れ流しの色男。
    巽の優しい言葉に乗せられて、おバカな七生はあやうくAVやらされそうになるピンチに直面。でも、なぜか巽に庇われて逃れることができるのです。

    巽があぶなっかしい七生をほっとけなくなって、どんどんほだされていくのがわかるんですよね。
    でも、七生は恋愛にも疎くて、自分のことを容姿以外は過小評価しすぎなので、巽の気持ちなど思い及ぶわけもないんです。
    ただもう巽に言われるまま、かわいがられて、カラダを開発されてしまいます。
    このままだったら、あんまり魅力の無い受だったんですが、七生は巽にかわいがられることでだんだん目覚めていきます。
    すごく愛されて大事にされているのに、仕事をさせてくれないとか、やたらHばかりするとか、不満ばかり感じていたことを反省して、巽に愛を返さなかったことを後悔するようになるんです。
    感謝の気持ち、というのに気がついた七生はとてもかわいくなっていました!受の成長がツボでした。

    その後は。
    まさにバカップル…!店の名前がハッピーだけあって、おめでたすぎる二人になっています。溺愛、メロメロ、ごちそうさま、なcp。
    七生にはかなわない、と巽が白状してしまうくらいなので。

    「やらせろ」と「二時間遊んでこい」が最強のセリフです!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1999年9月商業誌デビュー。シリーズものを多く手掛ける。

「2018年 『仮面皇帝と異界の寵妃』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハッピータイム (ローズキー文庫)のその他の作品

高岡ミズミの作品

ツイートする