ナイトメアガーデン -執事の蜜告- (ローズキー文庫)

著者 : 小川十子
制作 : 雪路凹子 
  • ブライト出版 (2015年2月24日発売)
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861236044

作品紹介・あらすじ

ある事情により孤島の洋館で、亡き「旦那様」を演じることになった青年・桜庭。館には怜悧な執事・黒由利が仕えており、その礼儀指導を受ける日々を送りはじめる。桜庭は演じるべき「旦那様」とかけ離れていたが、彼の優しさに黒由利も心を溶かされていき…そして桜庭が本当の「旦那様」となるには、夜の奉仕に応えなくてはならなかった。淫らな慣習に従い、忘我の想いで身体を重ねる二人。しかし館には、暴いてはならない壮絶な秘密が隠されていて-。燃えあがる恋におちていく、二度読み必至のミステリー・ロマンス。

ナイトメアガーデン -執事の蜜告- (ローズキー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 偽りの旦那様・桜庭×怜悧な執事・黒百合。孤島の館が舞台のミステリーロマンス。
    非常にクラシカルかつ不穏な雰囲気が漂い、中盤まではミステリーなのかホラーなのかドキドキする謎めいた展開でとてもおもしろかったです。BLとしてはあまり見ないタイプの作品かと思います。
    黒百合を巣食うような暗闇を包み込み押し退けるような桜庭の明るく誠実でおおらかな人柄がとても素敵でした。
    ただ物語の決着としては物足りなさが残りました。

    あと作品には関係ないのですが、このレーベル紙が厚く硬くて開きにくく読みにくいのが難点です。文庫でこの開きにくさはいただけない。

全1件中 1 - 1件を表示

ナイトメアガーデン -執事の蜜告- (ローズキー文庫)のその他の作品

小川十子の作品

ナイトメアガーデン -執事の蜜告- (ローズキー文庫)はこんな本です

ツイートする