ARIA 5 (BLADE COMICS)

著者 :
  • マッグガーデン
3.83
  • (248)
  • (81)
  • (364)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :1671
  • レビュー :43
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861270628

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017年6月24日

    装幀/アイ・ディー・アール

  • いつもながら、あんまり大きな事件が起こらないので毎回読後感が爽やかなお話が素晴らしい。

  • ウンディーネの3大妖精の一人、アテナが本巻にて登場!マンガではその美声が聞けなくて残念です。

    流星群の夜、屋根の上でアルと二人きりになって、心ときめいた藍華は、「恥ずかしいセリフ禁止!」の決めぜりふで胸の内を誤魔化しているところが何とも初々しいですね。(笑)

    姫屋のナンバー1ウンディーネである晃は、ちょっと強面で、怖いという印象を受けますが、後輩達に対する指導は、厳しくも優しいものでした。

    まだ14歳で学校に通っているアリスの制服姿はなかなかキュートとでした♪

    そして、長らく気にかかっていた地球のこの物語の時代の様子ですが、どうやら地球のヴェネツィアは水没してしまったらしい・・・。

  • 水先案内人(ウンディーネ)の三大妖精の最後の1人アテナさんの登場巻。
    そろそろメインキャラは出揃った感じでしょうか?

    郵便屋さんの仕事を手伝ったり、
    藍華ちゃんとアル君との間にラブっぽいものが芽生えたり、
    晃さんの姉御っぷりがハンパなかったり、
    サン・マルコ広場でのんびりまったりだったり。

    今巻でも素敵な癒やしが目白押しです。
    癒し系キャラや天然キャラばかりの中に晃さんみたいなカッコイイ大人がいると空気が変わって良いですね。

  • 「舟謌(カンツォーネ)」

    「左手がふがいない」ことと「アテナ先輩は(略)ドジっ子」ことは比較できないのでは…。

    アリスの「アテナ先輩は(略)ドジっ子なんです/(中略)私の左手と似ているかもしれません」はいい。当事者の主観だから。
    が、この師弟関係(じゃないけど)には部外者の、灯里の「何気なくてあんまり気付かないかもしれないけどね/左手だってなかなかにやるものだよ」は決して、左手=アテナ先輩の意図をこめちゃいけないものだ。これに対するアリスの「でっかいお世話です」。そのとおり。

    一日後、アリスの「どうして私なんかのために歌ってくれるんですか?/私 今の今まで/全然気付きませんでした」に対するアテナ先輩の「いいじゃない気が付かなくたって/歌うことに理由なんてないし…/謌は誰かに/聴いてもらうものだから」のやり取りもなんだか違和感があるが、その違和感の正体は、「読者わたし」こそ真の部外者であって、突然の告白調への戸惑いも「でっかいお世話」なんだけども。

    …でもこの話のあとのオマケひとコマ、アテナ先輩の眉下がり・口角下がり・手を揃え汗飛ばしてありがとうと言うこの顔、これでかわしてほしかったなー!私が歌いたいから歌ってるの、みたいな。左手って?て。

  • 5巻

  • いつもながら雰囲気の良い話が展開されるが、晃から水先案内人としての直接指導を受ける回は特に今までに無い魅力がある。水先案内人業の雰囲気は今までも描写されていたが、職業人としてどういうサービスをしているのか、という点が明確に言語化される機会になっている。それでいて晃のアリシアとはまた違う方向性の上司としての優しさが見られるのが非常に良い。
    また3大妖精の3人目がついに登場するのも見所。今までのキャラとは雰囲気が少し違うため好みはわかれるだろうがここぞという時以外の表現が吹き出しが無い表現が可愛らしい。
    アリスの不思議な感性に付きあう話や待ち時間を楽しむという発想など、他の話でも本作ならではの着眼点から語られるテーマが良い雰囲気であり、普通に生活していて気づきにくい部分を自覚させてくれる良い巻である。よくあるタイプの話でも世界観の一貫性から他の作品で見るのとは少し違う印象を受ける可能性があるのも良い点である。

  • 整理ついでに久々に発掘したので登録。

  • 4861270626  177p 2004・9・15 2刷

  • 竹原などを舞台とした作品です。

全43件中 1 - 10件を表示

天野こずえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
天野 こずえ
天野 こずえ
天野 こずえ
天野 こずえ
天野 こずえ
天野 こずえ
天野 こずえ
有効な右矢印 無効な右矢印

ARIA 5 (BLADE COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする