ひとさきの花 藤野もやむ短編集 ブレイドコミックス

著者 : 藤野もやむ
  • マッグガーデン (2007年2月10日発売)
3.88
  • (27)
  • (14)
  • (36)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :147
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861273544

ひとさきの花 藤野もやむ短編集 ブレイドコミックスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 義高の「好きになるつもりなんかなかった」が響いた。
    僅差であの日見た桜の方が好き、かなぁ。

  • 「姫、一緒に木曽へ行こうか」
     私は前作の存在を知る前にこちらに出会いました。歴史好きなので、大姫と義高のふたりはもともと気になる存在。そんな二人の漫画が読めるだなんて…! とわくわく期待に胸ふくらませながらページをめくると、耳をふさぐ女の子‐大姫‐からスタート。
     大姫の愛らしい笑顔、義高の感情をおしころそうとするしぐさに胸打たれました。
     最初の耳をふさいでいたのは伏線だったのですね。義高の声を忘れないようにするための。七歳だって、女の子。こわくなるほどまっすぐな恋心を垣間見ました。

  • 義高さまと大姫がやっぱり 大 好 き です。やっぱり泣いた。

  • 前作の方が好きという意見が多いですが、私はこちらの方が好きです。
    最後に目を伏せる大姫の表情が6〜7歳の子どもにしてはとても大人びていて
    劇中の事件がこの子を大人にしてしまったんだなあと思わされました。
    でも前作は前作で、その頃のもやむさんにしか描けない世界観だったと思います。
    だからどちらも素敵だと思う。

  • 大姫と義高再び…!それと「こぼれもの」がもやむテイスト全開で凄い好きです。

  • 良いです、良いです!

  • ラスト泣けます

  • あの日見た桜のリメイク。今回のは前のと比べてちょっと落ち着いた雰囲気があります。が、やっぱ大姫、義高様好き〜。

  • 20070305:読了

  • ひとさきの花は切ない話でした
    キャラが可愛いのでもやむ作品は好き

全15件中 1 - 10件を表示

ひとさきの花 藤野もやむ短編集 ブレイドコミックスのその他の作品

藤野もやむの作品

ひとさきの花 藤野もやむ短編集 ブレイドコミックスはこんなマンガです

ツイートする