小説ARIA ‾四季の風の贈り物‾ (MAG-Garden NOVELS)

  • マッグガーデン
3.88
  • (13)
  • (16)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 175
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861274480

作品紹介・あらすじ

春。灯里が試験営業日に乗せたお客様は地球へ旅立つことを決意した青年だった。火星での最後の想い出に、地球出身の灯里の話を聞きたいという青年。その眼差しの彼方に抱く地球への想いとは…。夏。記念すべき第一回ネオ・ヴェネツィア映画祭にやってきた一行。その前夜祭で上映された晃と藍華が出演する観光CMに会場は大いに沸く。だが藍華はいまだ会場に姿を見せないアルを案じて…。秋。アテナはここ一週間ずっと緊張していた。両手袋の見習い水先案内人アメリの「最後」の昇格試験の担当試験官を務めること…アテナにとってもアメリにとっても辛い選択の刻が迫っていた…。冬。アリシアの元にミドルスクール時代の友人・アンから一通の手紙が届いた。長らく地球暮らしだったアンは自分のカフェを開くために火星に戻ってくるという。再会を喜ぶ二人だったが、やがて…。水の都ネオ・ヴェネツィアをめぐる四季の風が紡いだ贈り物…珠玉のオムニバス・ストーリー、お届けします-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 秋の話が一番好きでした。

  • 小説第二弾。
    これはなかなか良かった!作家さんが4人いて、それぞれ春夏秋冬のお話を書いてらっしゃる。
    どれか一つは必ずお気に入りが見つかるのでは?といった感じです。
    私は秋のアテナさんと冬のアリシアさんが良かったです。
    オリジナルキャラがいっぱい出てくるけど、不思議と馴染んでいて
    とっても素敵な小説でした。

  • ARIAのアニメで脚本を担当した4人のライターさんたちによる、それぞれ春夏秋冬と「贈り物」をテーマにした短編集。

    秋の、オレンジぷらねっとのふたり(特にアテナさん)をメインにしたお話が、とっても素敵でした。

  • 9784861274480  253p 2008・1・24 初版

  • アニメのシナリオを担当したライターによる短編集。
    全くの部外者が執筆するよりも、ARIAの世界観や人物達を的確に把握しておられるので、安心して読めた。

  • 全1巻。

  • 2008/05/12読破。
    ゆったりとした癒しの空間である、ARIAの世界を、4人の作家さんがそれぞれの筆で描いてくれます。
    小説といいう独特の紙面で、これだけARIAを表現できたのは、私にとっても励みにもなりました。
    暖かい空気が、これくらい人に伝えられるようになりたい。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

◎藤咲 あゆなジュニアノベル作家。駒澤大学法学部政治学科卒業。日本脚本家連盟ライターズスクール所属中に、集英社の青年漫画大賞(現 YJ青年漫画大賞)原作部門で準入選し、漫画原作者としてデビュー。1994年には女性向け小説誌「Cobalt」ノベル大賞において、1994年下期コバルト読者大賞を受賞し、小説家としても活躍。おもな代表作『戦国姫』シリーズ、『新島八重ものがたり -桜舞う風のように-』(集英社みらい文庫)、『新・歴史人物伝 土方歳三』(駒草出版)ほか多数。

「2018年 『新・歴史人物伝 織田信長』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤咲あゆなの作品

小説ARIA ‾四季の風の贈り物‾ (MAG-Garden NOVELS)を本棚に登録しているひと

ツイートする