男の料理 (BLADE COMICS)

制作 : 手越原 徹 
  • マッグガーデン
3.51
  • (7)
  • (8)
  • (17)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 75
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861275098

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙の執事さんがかっこよく、「お、執事もの・・・?」と思ってよく見たら、
    なぜか口に割り箸をくわえていらっしゃる。
    タイトルに目をやれば「男の料理!」。
    帯には「坊ちゃんと執事さんのABCクッキング」。
    気になって買わずにはおれなかったよ・・・!
    坊ちゃんが誘拐されようと、風邪で寝込もうと、来客があろうと、
    とりあえず料理をすることで話が進んでいくのが可笑しい。
    しかもそれが、名前も知らん料理ばかりで面白い。
    キャラもなんだかぶっ飛んでていい。

  • 坊っちゃん、執事、料理人。
    それから迷子(?)に忍びと…怪しい人?w

    基本、坊ちゃんと執事の掛け合い漫才の末
    料理が出てくるという状態。
    坊ちゃんを突っ込めばいいのか
    執事を突っ込むべきか。
    はたまたこの世界の人間を突っ込むべきか。
    非常に悩む所です。

    料理をして、その料理のレシピは話の後に掲載。
    どこの国のものか、というのも一緒にあるので
    そこも考えながら読むと楽しいかも?

  • 坊ちゃん大好きなみんな
    執事、シェフ、庭師、忍者....
    お気に入りはシェフかな(^ω^)

    表紙カバーはずしたところもチェック!

  • 題名通りギャグ+料理な1冊。
    どの料理も美味しそうで、読んでいて大変お腹がすく(笑)
    キャラクターに個性があって面白かった。
    特に献身的な執事がお気に入り!
    毎回料理を入れなければなので、人物のクローズアップが少なかったのと、各話の終わり方が少しぶつ切りに感じたのが残念。

  • クラフト紙に多色刷り表紙ときめく!!しゅっとしたイケメンがみんなぶっとんでて楽しかったです。主従萌え。

  • 絵は良いけど、レシピが微妙。話とレシピのこじつけ感が強いかも。

  • 2009年7月14日読了♪

  • とりあえず料理はしっかり解説してるのにキャラがぶっ飛んでるのが素敵です。

  • なんで坊ちゃんだんだん縮むの?
    料理は豪華なものから庶民的なもの、果ては「なにそれ!?」なものまで。ゼリーフライ食べたい。

  • むはははは。こういうマンガもあるものだねw
    決してそっち方面の料理ではなく真面目に料理なのです。

全17件中 1 - 10件を表示
ツイートする