忘却のクレイドル(1) (BLADE COMICS)

著者 :
  • マッグガーデン
4.18
  • (21)
  • (18)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 188
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861277054

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 十五歳以上の少年少女に軍事教練を課すシステムが法制化された国。
    絶海の孤島「揺籠島」に送り込まれたカヅキがある日目覚めたら島の様子は一変、建物は廃墟化し大人たちは消えていた。一体カヅキが眠っている間に何が起こったのか……?

    閉鎖空間が舞台のサバイバルもの。主人公はカヅキですが群像劇の側面が強いです。
    気が優しく少しへタレなカヅキ、快活なお調子者だが何をしでかすかわからない危うさを秘めたサイ、優れたリーダーシップを発揮する優等生トウジ、サイに依存する無口なパソコンマニア・ユウ、サイを敵視し度々つっかかってくるマユム……
    これらレギュラーの少年たちに加え島に連れてこられた幼女ヒカリ、親友を目覚めさせようと奔走するハルカ、博士なる人物の遺志を継ぎ暗躍するエイトなどが絡んで物語は謎を深めていく。

    一巻を読んだ限りでは背景は明かされない。一体島で何が起こったのか?どうして大人たちはいないのか?本当に外では戦争が起こっているのか?
    加えてカヅキらの体に起きた「異変」が人体実験の可能性をも示唆し、ミステリアスかつスリリングな雰囲気を盛り上げていく。
    孤島に取り残された少年たちはそれぞれ違う価値観をもち行動する。
    友情、疑惑、対立、不信、そして……裏切り。死。島からの脱出をめざすカヅキたちの前に現れる脅威。

    カヅキたちは無事生きて島を出ることができるのか?

  • 面白そうだったので戦争モノ(?)苦手なんですけど…手にとってみました。
    トウジが不器用だけどいい子すぎる!
    続きが気になります。

  • もやむさんの新しい境地。戦争、廃墟、様々なタヴー辺りがテーマの物語。
    今までにない新しいものを書いてくれるもやむさんが大好きだ。

  • バトル色が強すぎなくて読みやすい、かな?
    主人公にすごく感情移入というか、共感してしまう・・・。
    一人ひとりのキャラクターの個性がしっかり描かれてると思う。
    続きが気になるのでスラスラ読めた。

  • もやむ先生にしては珍しい、比較的バトル要素の多い作品です。
    戦争を題材にしてはいますが、戦争そのものより、主人公たちが置かれている状況やその背景を明らかにしていくことが軸になるのかな?
    心理描写が上手な方なので、そういった面も楽しみにしています。

  • どんな話か思い出せなくてレビューつけてなかtt

    お話自体は孤島サバイバル系になりそうなのですが…学生ばかりでよくわからない。。
    セイとトウジが結構いいキャラっぽいので期待したいと思っていたのですが。。

  • この題材を今後もやむ氏がどういうふうに料理していくのか楽しみ。

  • ど、どうなるのこれ…。

  • なんか自分が戦争してるユメ見ました。。。

  • 待望の藤野もやむさんの新刊!
    1&2巻購入で応募できるポストカードセットが、実費160円(80円切手往復分)で貰えることに驚きです。新人作家というわけでもないのに太っ腹です。

全14件中 1 - 10件を表示

忘却のクレイドル(1) (BLADE COMICS)のその他の作品

藤野もやむの作品

忘却のクレイドル(1) (BLADE COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする