忘却のクレイドル(5)(完) (アヴァルスコミックス) (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)

著者 :
  • マッグガーデン
4.14
  • (9)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861278655

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カヅキー! たぶん最初からこういう終わり方になるって決まってたんだろうけど、何とも、何とも切なかった。でも、悲しくても切なくてもこれもひとつのハッピーエンドだな、と思えたので、すごい。挿入されているウィリアム・ブレイクの詩も薄っすらと怖くてじりじり切ない感じがぴったりでした。

  • あぁあああああもうまた綺麗だけど投げっぱなしエンドにしたよこの人ーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!(涙目)
    (頭かかえて)

    ・・・上記が心からの叫びです・・・。

    綺麗だけど。綺麗な構成だったけど!作画もきれいだし中に描かれてるココロもきれいだけど!!!

    やりきれねぇ・・・



    好きです。この胸をじくじくずんずん針で突っつかれるようなこのむき出しの感情たちが好きです。
    藤野さんひでぇよ・・・(褒め言葉)

    あぁ・・・。もう一度通しで読み返したいこの魅力ってなんなんでしょうね。
    悲しい話なんだけどな。
    なんかよくわかんないけど好きです。

  • 好みの分かれる作品だと思います。
    私はとても好きでした。
    なので最後は駆け足だったな、と残念に思います。
    カバー下にも沢山書かれていたように、まだまだ描ききれなかった事があって、それを読めなかった事が残念でなりません。
    それでも全部ひっくるめて、私はとても感銘を受けた作品です。

  • 最終巻。描き切れてない感じにモヤっとする…;

  • 内に持っている曖昧な感情を、こうかな…こんな感じで…!こういう風に伝えたいんだけど…!と、ぐるぐる何重にも描写するのがもやむさんの作風だと思う。
    そしてもやむ作品はラストシーンがうまい。

  •  この人の打ち切りエンド一歩手前の「これから先もこの人達は生きていくけれど(人生は続くけれど)この話はこれでおしまい」というぶった切り感が大好きです。うん、そうだよね、島の外に出たら別の話になっちゃうもんね! 予想したよりは生き残ってくれたからいいです。生き残るのはカヅキとヒカリちゃん(もしくは片方)だけかと怯えてたのでいいで……うわあああん!!
     真実を知らせてくれた相手に八つ当たりしたり、パニック描写が秀逸だったなあ。「それでも生きていける人間って何者だ」の答えは「凡人」だと思う。カヅキは周りがイライラするくらい普通の子で、彼がそうなれたことは、きっと途方もない意味と価値があるんだろう。
     クローンの特殊能力とかファイブとか、いつものぶった切りエンドにしても駆け足だったので、もしかして当初の予定ではもう2巻くらいあったのかな? でもそんなに気になりませんでした。

  • 素敵、背景が美しいです。
    そして、切ない。けど前向きをする物語です。

    納得できない所が沢山です。
    初めから、体制に決まってる?
    戦争みたいに戦う理由は?
    上月博士については、謎だらけ。
    カヅキはクローンである為、両親なしのは当たり前だが、上月博士は?
    カヅキの小さい頃の記憶に出てた少女は、ヒカリちゃんの母親のクローン?
    ヒカリちゃんは、実はカヅキ(クローンだけど)が父親の血であるから、一番懐いてる?

    よくわかんない。
    でも、読み返したくなるという魅力があるでしょう。

    忘却のクレイドルは、とても解説不可能で一番すき。

  • この1巻だけでどう話を終わらせるのか気になってましたが、以外ときれいに終わっていてストレスにはならなかったです。重くて大変な話をよくぞここまで…お疲れさまでした!成長したよエイト…

全8件中 1 - 8件を表示

忘却のクレイドル(5)(完) (アヴァルスコミックス) (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)のその他の作品

藤野もやむの作品

ツイートする