消滅か復権か 瀬戸際の新潟県 12の課題

著者 :
  • 新潟日報事業社
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861323928

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルに惹かれて購入(笑)この手の本は愛郷心というか、地元地元!な人が出してることが多いので、著者が新潟出身じゃないことがちょっと新鮮だった。今では解決してしまっている問題とかもあるけど、ここで言われている内容について県民に理解が広がればいいなと思った。

    *2011/5/29購入(2冊目)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1962年生まれ、北海道苫小牧市出身。東京大学工学部卒、博士(学術)。自治省、香川県、三重県などを経て新潟大学法学部教授。専門は行政学、地方自治、公共政策。
著書『暴走する地方自治』(ちくま新書)『B級グルメが地方を救う』(集英社新書)『「ご当地もの」と日本人』(祥伝社新書)『消滅か復権か 瀬戸際の新潟県12の課題』(新潟日報事業部)他多数。

「2017年 『新潟の逆襲』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田村秀の作品

ツイートする