新装版 越後の名匠 石川雲蝶

著者 :
  • 新潟日報事業社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (135ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861324031

作品紹介・あらすじ

躍動感あふれる牛若丸と烏天狗、生き生きとした機織りの女性、愛嬌ある十二支など、幕末から明治にかけて越後の各地で彫刻や襖絵など多くの作品を制作した雲蝶。非公開の作品を含め、今に伝わる見事な作品を豊富な写真と解説で紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江戸末期の彫工石川雲蝶の作品を豊富な写真で紹介しています。寺社の向拝や欄間などの装飾彫刻が主なフィールドですが、緻密で立体感があり、躍動しています。ただ、空間恐怖症のように細部まで彫り込んでいて、メキシコのバロック装飾を連想します。越後の知る人ぞ知る名人ですが、もっと広く名を知られ評価されていいと感じました。

全1件中 1 - 1件を表示

木原尚の作品

ツイートする